Author Archives: mitsue

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」12月

今年最後の「カフェきごさい」句会。兼題はサイトより12月の「季語」冬の衣、「料理」牡蠣蕎麦、「花」カトレアです。

【特選】

星もまた歳をとるとや木の葉髪  きみ子

冬に抜け落ちる髪を、散っていく木の葉に託した季語「木の葉髪」。身の内側に籠る句がよく詠まれる季語だか掲句は壮大な宇宙に思いを拡げた新鮮な一句。

【入選】

富士の山全くみゆる冬野かな  守彦

「冬野」から富士が全く見えるでは新鮮味が薄い。季語を一考。

もう耳の聞えぬ犬に敷く毛布  きみ子

毛布と心の温かさ。「毛布敷く」。

ふやけたる柚子一個居りバスルーム  光加

柚子湯の翌朝。ほんのり残る柚子の香り。「一個あり」。

碁仇と病気自慢や年忘れ  弘道

「碁仇」の字面が重い割には句のなかでは生きていない。軽く「句仇」くらい?

冬芽みることに始まる一日かな  隆子

一日一日を大切に過ごしている様子が伝わる。

白富士をわが家より拝す大旦  稲

「わが家より白富士拝す大旦」。

まづ牡蠣を頬張りにけり晦日蕎麦  涼子

牡蠣入りの晦日蕎麦とは豪勢な。「まづ」に勢いがある。

黄落やひと風吹きて子の消ゆる  守彦

「黄落」の眩しさ、豊かさ。

カトレアを胸に米寿の父酔ひぬ  きみ子

「酔ひぬ」で一句になった。

歯に沁みる熟柿(うみがき)うまし炬燵かな  守彦

熟柿の美味しい食べ方。

松葉蟹真赤になつて睨みおり  弘道

蟹の目はあまりに小さいので睨んでいるとも思えないが、赤い甲羅全体で睨んでいるような気がする。

五年目の貫禄を着る革ジャンパー  涼子

「革ジャンパー」をしっかり捉えた一句。「コート」では様子が違う。

餅搗やふり入る雪も搗きこんで  隆子

よく詠まれる情景だが過不足なく表現できた。「ふり入る雪を」。

1月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい講座」の兼題は、サイトより1月の季語「餅」、料理「ポークの紅茶風味(「おせち料理」一切)、花「餅花」です。

新宿の朝日カルチャーセンターの句会、またサイトのネット投句に今年も意欲溢れる句が寄せられました。来年度もより充実した講座、サイトにしてまいりますので、ご期待ください。

サイトには折にふれ、店長の日本(海外も?!)各地での吟行リポートも掲載していきたいと思います。
みなさま、どうぞよいお年を!

この国の明日を温めん冬至風呂  光枝

カフェネット投句(12月)飛岡光枝選


【特選】

毛糸玉ころがる先に毛糸玉  周作

解き直した毛糸をいくつかの玉にしているのか、幾色かの毛糸で編んでいるのか。仔猫たちがじゃれ合うような毛糸玉の様子に幸福感が漂う。

いつの日か君は羽化してカトレアに  隆子

仙人ならずカトレアになって匂い立つ人。若者(女性?)への贐のことばにふさわしい一句。

四角なる餅もまあるく膨らんで  涼子

本当に丸くなるわけではない。楽し気に餅を焼く人の心持がいい。

【入選】

切るならば切れと鮟鱇睨みけり  弘道

鮟鱇は陸にあがるとだらしなくなってしまい、句のような精悍な様子の鮟鱇にはあまりお目にかからない。

年の瀬や都大路を足早に  弘道

特に新しい内容ではないが「都大路」という古風なことばが効いている。

難民の空へ飛びゆく毛布あり  隆子

一枚の毛布に命をつなぐ人々。

カトレアを胸に新婦に並び立つ  涼子

このままでは状況説明。「カトレアを胸に新婦の母となり」。

【投句より】

襟巻は狐や鼻のこそばゆく  

「襟巻の狐の鼻のこそばゆく」。同様の切れ字の使い方がこの作者の句には時々見受けられる。一考を。

呟きてひと色選ぶ毛糸玉

この「呟きて」はわからない。もっと具体的に。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」11月

11月の兼題は、サイト「カフェきごさい」より、季語「冬の衣」料理「白和え(柿)」花(植物)「南瓜」です。

【特選】

オーバーは母の形見や穴ひとつ  涼子

穴を見るたびに蘇る面影。「形見や」の切れ一考。「オーバーや母の残せし穴ひとつ」など。

先づは燗店のざわめき聞きながら  守彦

馴染みの店だろう。「先ずは燗」がいい。

大雪となりし初雪首都ちぢむ  涼子

下五が残念。上五中七を活かす取り合わせに。

【入選】

散紅葉茅葺き屋根の蒸気せり  今日子

紅葉が散る頃の冷たい空気感が出ている。「散紅葉茅葺き屋根は蒸気あげ」。

失敗の多き我なり頬被  涼子

あまり反省はしていないようで愉快。

銭湯の角に小屋掛け飾売  守彦

町の様子が過不足なくしっかり描けている。

日溜りのひとつとなりぬ綿子着て  隆子

なりぬとまで言って成功、日溜りにいるようだではつまらない。

初雪やこんここんこと天歌ひ  光加

初雪の心楽しさ。

安心の南瓜やけふも大皿に  隆子

「けふも」に、身近な南瓜だからこその切なる祈りを感じる。

さて何処へ目深にかぶる冬帽子  守彦

気取りすぎ?だが、夏帽子ではこうはいかない。

白和へへ紅玉りんごを皮のまま  涼子

「白和への紅玉りんご皮のまま」。

夕間暮れ点描となり鴨の陣  今日子

鴨一羽一羽を点と捉えるのは当たり前だが、鴨の陣が点描画法で描かれたようだというのは面白い。

石ころのひとつひとつに秋夕日  周作

「ひとつひとつに」に秋の感じがある。「夕日」では焦点が合わない。「秋夕焼け」「秋日差す」。

風邪除けと冬至南瓜を大盛りに  涼子

「風邪をひかないから食べなさい」お母さんの声が聞こえてきそう。

情景がしっかり描けている句が増えた反面、切れ字が安易に使われている句が散見。一字一字に注意を払いたい。

熊撃ちは熊の毛皮を敷き眠る  光枝

カフェネット投句(11月) 飛岡光枝選

kareha
【入選】

柿加へ白和え少しよそゆきに  涼子

「加へ」がかたい。「白和え」→「白和へ」。「柿たして白和へ少しよそゆきに」。

開拓の夢の小豆ぞ引きつがむ  隆子

「小豆引く」と「引き継ぐ」を足したようなことばに無理がある。「開拓の夢の小豆を引きにけり」。

きちきちを両手広げて追いにけり  周作

「両手ひろげて」に少年の(ような)わくわくする心が表現された。「追いにけり」→「追ひにけり」。

前々と這いずり回る南瓜かな  周作

「這う」に南瓜が地面の上で実る様子が感じられる。が、「前々」は意味不明、「這いずり回る」は大げさ。「這い」→「這ひ」。

綿入れも死語となりしや冬来る  弘道

「綿入れも死語となりしか冬来る」。

音もなくただひたすらに木の葉降る  弘道

「ひたすら」がいい。ただ、木の葉でこのような句はたくさんある。この句に「音もなく」はなくてもいいので、より自身に引き寄せた表現をする工夫を。

窓を打つ木枯らしの音眼鏡拭く  弘道

「音」はいらない。

【投句より】

くり抜かれお化け提灯大かぼちや
・そのままを説明しただけになってしまった。

夕日より茎の赤しよ蕎麦を干す 
・「夕日より茎の赤しよ」が冗長で赤が見えてこない。

ぽつぽつと綿咲く道に乳母車
・この「に」の使い方注意。とたんに説明になる。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」(10月)

ine朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」。10月の兼題はサイト「カフェきごさい」より、「季語」(秋の野遊び)、「料理」(新米)、「花」(ななかまど)です。

【特選】

新米の粥一粒をお食ひぞめ  隆子

新しい小さな命を寿ぐに相応しい新米。「食ひぞめ」は素直に「食ひ初め」とすること。この句に「初」の一字大切。

淋しさにあふぐ青空ななかまど  涼子

青空にななかまどが印象鮮明。

この坂を登れば届く今日の月  涼子

月に触れそうという句はたくさんあるが、「登れば届く」と断言したところがこの句の手柄。坂を登りながら月を見上げている様子がきちんと描かれ、一句をしっかりとしたものにしている。

【入選】

賑やかに炊上りたる今年米  周作

「賑やかに」に新米の喜びが溢れる。

一掬は田の水口へ今年酒  隆子

「一掬」がかたい。「は」が説明的。「一掬ひ田の水口へ今年酒」。

この山に火伏権現ななかまど  隆子

形はよくできているが、「ななかまど」(七竈)と「火伏」が付きすぎ。

芒原身を潜ませし風の音  周作

芒原をゆく風の音に身を任せて。

御くるみより拳のぞかせ菊日和  涼子

説明しすぎで印象が薄くなってしまった。「御包みから小さなこぶし菊日和」。

二人ゆく山の高さにななかまど  稲

道行と読むととてもよい。

朝に散り夕に降りける山紅葉  周作

紅葉の散る様を繊細に描いた。「朝に散り夕べに降りて山紅葉」。

厚き蓋突き上げ突きて今年米  周作

新米の力強さ。「厚き」が少し説明的になるので「釜の蓋突き上げ突き上げ今年米」。

忽然と薔薇の花より枯蟷螂  稲

冬に鮮やかに開く花と鮮やかに枯れる虫の饗宴。

こんにちはと過ぎる木道草紅葉  涼子

よくある風景だが、この作者らしく明るい一句とした。

今月は実感のある句が揃いました。実感とは実際に見たかではなく感じたか。見ることは大切ですが、感じなければ、何を感じたかをしっかり捉えなければ伝わる一句にはなりません。11月の兼題は「カフェきごさい」より「季語」冬の衣、「料理」白和え(林檎、柿)、「花(植物)」南瓜 です。(飛岡光枝)

大揺れに揺れし田んぼや今年米  光枝

カフェネット投句(10月)飛岡光枝

ominaesi
【入選】

ひつそりと外人墓地に女郎花  弘道

丈高い女郎花がよく見える。

太陽にかわく泪や実オリーブ  隆子

「実オリーブ」が窮屈。「太陽にかわく泪やオリーブ摘む」。

霧の中ぬーつと接岸鉄の船  周作

もっと焦点を合わせたい。「鉄の船霧の中より現はるる」。

筋雲と確かな秋の浅間山  周作

「筋雲の確かな秋や浅間山」。

からがらの命ぬくめよ芋煮会  隆子

秋の行楽の「芋煮会」にからがらの命は少し大げさだが、自然災害が多い昨今、被災地などでの芋煮会ではこんな思いが重なるのかもしれない。温かい料理の季語にするとより焦点が絞れる。

【投句より】

今月より、入選外の句についても取り上げます。

・竜胆を一輪活けて珈琲を

「竜胆」でなくてもよい句。しっかりした一句にするには、「竜胆」にぐっと迫る必要がある。竜胆の何に感動したのかを見極めたい。

・不気味なり大きな船は霧の中

「不気味なり」で片づけないで、具体的な事象で。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」(9月)

harowin9月のカフェきごさい句会の兼題は、カフェきごさいサイトより9月の季語「夜長」9月の料理「椎茸の酒塩焼」9月の花「雄山火口」です。

【特選】
秋の夜やぐい呑みにある指の跡  守彦

土の風情が感じられる愛用のぐい呑み。無駄の無い言葉使いで対象を的確に表現した。

傘にひび入りて上々どんこ干す  隆子

一句のリズムがよい。「上々」がうまい。

【入選】
毬栗を活けて心は古郷へ  稲

毬栗ならではの一句。

流星のこぼれしおやまぼくちかな  隆子

雄山火口のとげとげした様子を星と見立てた。「こぼれて」。

友よりの新栗剥きて夕宴  弘道

「新」の一字が効いている。「夕」はいらない。

うつくしき釣瓶落しの銀座かな  守彦

「銀座」で一句になった。

舞茸を花とさかせて森しづか  隆子

「花とさかせて」はいいが、「森しづか」に実感が感じられない。

秋の夜に染み入るバンドネオンかな  隆子

わかりすぎるのが残念。

釣堀にトンボをあやす漢かな  周作

過ごしやすくなった秋の一日。

秋立つや雲の影あり大欅  周作

句がぶつ切りになっている。「雲の影ある大欅」「雲の流るる大欅」。

長兄の父に似てきし氷頭鱠  隆子

「長兄」が説明的。

露にぬれ庭はき身ぬちの芥はらふ  稲

言葉と内容の整理を。「身の芥もろとも掃くや露にぬれ」など。

最初の状況や着想に執着しすぎると句が説明的になったり、ごちゃごちゃとした句になってしまいます。一歩引いて句として客観的に眺めることが大切です。

秋の夜の裾長々と富士の山  光枝

カフェネット投句(9月) 飛岡光枝選

123%e6%9c%88【入選】

お月見や団子の替りカステイラ  今日子

「お月見の団子の替りカステイラ」。切れの見極めを。

火祭りの火消へ闇に人の散る  弘道

ことばリズムに気を配ること。「火祭りの火は消え人は闇に散り」。

祭壇に現れし花野や母逝きぬ  涼子

「花野」に母上の人柄が偲ばれる。「祭壇は花野となるや母逝きぬ」。

母の遺影見つめてをれば夕かなかな  涼子

「をれば」を消したい。「母の遺影見つめる我に夕かなかな」。

わが山はすこし遅れて粧ひぬ  隆子

植物の種類の関係か、周囲の山より遅れて紅葉になる山。「わが山」一考。

炎天下釣師ひとりに瀬音かな  周作

真夏のしんとした渓流釣り。「炎天の釣師ひとりの瀬音かな」。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」8月

suika8月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」の兼題は「カフェきごさい」サイトより、8月の季語「「夏の思い出」の中の初秋の花」8月の料理「生姜ご飯」8月の花「もみじあおい」です。

【特選】

ひまはりやずしりと重き金メダル  涼子

向日葵と金メダル。子供なら夏休みの宿題に描きそうだが、大人になるとなかなかできない取り合わせ。「ずしり」の存在感が一句の命。

島人はもみぢあふひを供花にして  隆子

ハイビスカスと近縁という、もみじあおいの華やかで大きな紅の花。一読、沖縄の八月を思った。
晩夏の光に映える少し重たい紅色。「供花として」。

【入選】

撫子の小さき花束教師へ  今日子

撫子に「小さき」は言わずもがな。この場面ならではの描写を。

砂場には裸の子居る蝉時雨  周作

蝉時雨と砂だらけになった裸の子供には、夏の終わりの感じがある。ただ「には「居る」が冗長。「砂場に裸の男の子」。

生姜ご飯辛さと甘さ引き合ひて  涼子

「引き合ひて」がわかりにくい。「辛さ甘さの引き合うて」これもまだ。ご一考を。

とらはれの金魚一匹金玉糖  光加

夏らしいお菓子の様子が楽しく描けた。より美味しそうに「とらはれて金魚涼しく金玉糖」。

落蝉の骸ころがす猫がゐて  稲

非情な日常。「落」は不要。

草叢で螽斯鳴くところそつとみる  守彦

わくわくする少年の心が描けた。「草叢の」。

柔肌は土が造りぬ新生姜  今日子

新鮮な新生姜へのアプローチ。「柔肌」では新生姜のきりりとした感じに合わない。

しっかり描くことは必要だが、言い過ぎるとただそれだけの句になる。難しいがそこが推敲のしどころ。

紅蜀葵水打つて立つ砂ぼこり  光枝

ネット投句(8月) 飛岡光枝選

tuyukusa
【特選】

祭足袋こはぜを強く挿しこみぬ  周作

これから神輿を担ぐのだろうか。祭りにかける意気込みが伝わる一句。

露草や絵筆の先のひとしづく  涼子

露草はまさに一滴の絵の具が花になったような風情。はっとさせられる一句。

【入選】

八月の墓標かカンナあかあかと  隆子

印象鮮明。「八月の墓標」であり「夏の墓標」であるカンナ。

茄子の馬父母送る友とせむ  弘道

「送る友とせむ」がごちゃごちゃしてしまった。何を言いたいのかを見極めて、必要ない言葉は整理してすっきりと表現したい。「父母のよき友となれ茄子の馬」。

新生姜下駄に素足の石畳  周作

「石畳」は不要なので、下五でもっと情景が描ける。「素足に下駄」。

蝉時雨イチローすぐに三千本  周作

面白い取り合わせ。「すぐに」ではただの説明。「蝉時雨イチローはるか三千本」。

のぞき込む顔もめぐりて走馬燈  涼子

「顔もめぐりて」では、顔がぐるぐる回ることに。せめて「顔に」にしないといけないが、走馬燈なので「めぐり」はいらない。「のぞき込む顔に映りて走馬燈」。