Author Archives: koka

今月の花(7月)黒百合

kuroyuri-pl玄関の棚の上に黒百合をいけていると、母が汗を拭きながら外出先からもどってきました。高校生の私がその珍しい花に選んだ器は灰色の小さな扁壺のようなものでした。「あら、黒百合、品のいいこと!」そう言いながら母はいけている私の後ろをすりぬけていきました。アイロンのきいた麻のハンカチに、いつものように一滴だけ浸み込ませた(夜間飛行)のコロンの香りが微かに残っていました。

この時の涼しげな香が思い出されるくらいで、私には黒百合そのものの香りは全く記憶にありません。それは黒百合がユリ科の中でもユリ属ではなく貝母属だからと知ったのはずっと後になってからでした。15cmから35cmくらいの長さの茎の先に数輪うつむいて咲く3cm余りの花の香は、実はかぐわしいとはいえないのです。

黒百合は本州北部から北海道にかけて自生しています。高山を歩く人たちも見つけるとなぜか良いことがあるような気がするのでしょう、古くから歌や詩にも登場していた黒百合ですが、北海道に住む知人は昔はよく見かけたけれど最近は全く目にしない、と言っていました。それでも6月頃になると栽培された花の鉢植えや切り花をごくたまに花屋でみかけることがあります。

花弁は黒といっても、臙脂や紫といった色も混ざった黒で、内側の花弁には網目模様があります。

貝母属で代表的なばいも(貝母)は小さな薄緑色の花びらの内側に網目模様があるところは黒百合と同じです。網目の色は薄紫で編笠百合という別名があります。細い葉は先が巻いていて黒百合と同じく茶花として人気が高いのです。

近頃ではチューリップやカラーのように花びらが黒色に近いものが園芸種として栽培されますが、大自然の中で咲いている黒い花は格別な魅力を持っています。今頃北国の澄んだ空気のお花畑では、やっと迎えた夏を謳歌している花々のなか、黒百合はその独特な色と存在感でその光景に小さなアクセントを与えて咲いていることでしょう。

都会でも夏の鮮やかな色合いや白い色を全身で楽しむ一方、ほてりを鎮めるような静かで落ち着いた黒っぽいものにも惹かれます。黒い扇子で煽ぐと感じ取るのは遠くから忍び寄る秋の気配。黒アゲハもゆったりと舞っているこの頃です。(光加)

今月の花(6月)ミント

002004001         ドイツのフランクフルト郊外の貸農園はライラック、八重桜、藤、チューリップ、ジャーマンアイリスなどが競って咲いていました。農園は150区画ほどありました。その一画を借りているSさんは彼女のいけばなの師T先生から私が日本から来ると聞き、デモンストレーションの花材に使える植物があれば自分の庭からどうぞ、と申し出てくださったのです。

庭の中央にある道具小屋には小さなキッチンと小型の冷蔵庫もあり、心地よい陽ざしのなか木を組んだベランダにいると、お茶が運ばれてきました。一瞬、遠来の私に日本茶をいれでくださったのかと思ったのは、白いカップの中に色鮮やかな緑を見たからです。でもその思いはすぐに独特のさわやかな香りに打ち消されました。ミントテイ―でした。まろやかな、すっきりした口当たりでした。

前の持ち主から庭を譲られた時、これは特別なミントだと説明されたそうです。甘露という言葉がぴったりな味に、ハチミツなどを足したのかしらと聞けば、何も!さっき摘んで熱湯に入れただけ、と肌が透き通るように白いS夫人の答えでした。後に日本で写真を見てもらうとアップルミントの一種ではということ。ミントには薄紫の小さな花も咲きます。

少し湿った土を好むシソ科の和種薄荷は日本でも昔から薬用に使用されてきました。欧州のミント類ではウオーターミント(水薄荷)とスペアミント(オランダ薄荷)の交配種のペパーミントやバナナ、パイナップル、グレープフルーツ、オレンジなどフルーツの香りがするミントやクールミント、ハーブキャンディに用いられるスイスリコラミントなど数百種類もあるそうです。使い方は多様で、メントールを含む精油や入浴剤、歯磨き、ガムやお菓子、お茶、またアイスクリームの上には葉がアクセントとして飾られ、お酒ではカクテルのモヒートに使うとおっしゃる方もあります。

フランクフルト近くでは二週間前は雪も降ったそうです。そんな天気の変化にもかかわらず季節は春から初夏に移っていくのを我慢しきれず勢いよく伸び、萌えたつような緑の葉をつけたミント。

この頃日本では新茶が出回りはじめます。今年一番に私が新茶を味わったのは5月のドイツでのミントテイ―、ともいえるでしょうか。(光加)

今月の花(5月)山百合

007避暑に行く先は毎夏、長野県の蓼科高原でした。

滞在先は古い木造の二階建ての山荘で、元は東京の学校の夏の寮として使用されていたそうです。長期滞在の人の中には受験勉強中の学生たち、山歩きの夫婦、子供連れの家族などがいました。昼下がり畳に横になれば草いきれの中、力強い蝉の声がきこえ、ある時には開け放った戸から虻が入って来て大騒ぎになったこともありました。

谷川で沢蟹と遊んだり、流れの中に西瓜や桃を冷やし、森の中に分け入れば湧水もあり、空をゆく雲が映り込んではいないか覗きこんだものでした。

敷地内にはもう一軒平屋の山荘があり、小さな玄関を構えていました。しんとしたその玄関前には、人がすれちがえるくらいの小道を挟み、土留めがしてありました。その向うの草むらの中から何やら植物の蕾らしきものが流線型をした葉を従えて、ひときわ丈高く伸びていました。

ある日通りかかると茎は少し弧を描き、その先の蕾の一つが大きな花を咲かせていたのです。直径20数センチはあったでしょうか。山百合でした。

山百合は英語で「金の光がさした日本の百合」golden -rayed lily of japan と呼ばれるように、純白の花びら の中央には黄色が走り赤褐色の斑点がとんでいました。開くにつれ反り返り、あたりをはらうかのような姿は、百合の女王と呼ばれるにふさわしく堂々として甘い香りを周辺に漂わせていたのです。

マリアを象徴する「マドンナリリー」はヨーロッパで見慣れていたかもしれないシーボルトですが、医師でもあるこの植物学者は日本の百合に目を見張ったに違いありません。球根や標本を多く持ち帰っています。日本に自生している百合は13種。「日本書記」や「万葉集」にも登場していますがどの種類か不明なものが多いのだそうです。

山百合は球根で増やしたり、秋に7センチほどになる実から採れる種からも増やせます。

数々の園芸品種の百合のうち、オリエンタルハイブリッドと呼ばれるグループの花のひとつににカサブランカがありますが、山百合もカサブランカの母種のひとつとなっています。

山百合の花は、きっと前を見据えて咲きます。あたかも他の木や草花、虫や鳥たちに至るまで全てに対してこの山の本当の主は私、と宣言しているかのようです。(光加)

今月の花(4月)あせぼの花

asebi「あせぼ」はあしび、あせびともいわれる万葉集の中にも詠まれている日本原産の植物です。

堀辰雄の「大和路 信濃路」の中の「浄瑠璃寺の春」を読んで私はあせぼを知りました。

教科書に掲載されていたので、高校生になりたての頃でしょう。堀辰雄が多恵子夫人と大和路に旅をして浄瑠璃寺を訪れ、あこがれていたこの花を門のところでみつけます。夫人は房をとり、手の中にのせて眺めますが、やがてほかの寺でも二人は白の花よりやや大きい薄紅のあせぼの花を目にします。

「どこか犯しがたい気品がある。それでいて、どうにでもして手折ってちょっと人に見せたいような、いじらしい風情をした花だ。」(青空文庫)

と、この花のことを堀辰雄は述べています。

万葉の植物の中でも垂れ下がって咲く花を付ける木はそんなに多くはなかったのかもしれません。

私はそれまであせぼの木もその花の写真も目にしたことはなかったのですが、今では都会の公園の花壇や個人の庭にも桜の季節に先駆けて見かけるようになりました。

あせぼはスズランやどうだんつつじに似た小さな花を房状につけて垂れ下がります。釣り鐘型の花の色は白のほか薄い紅色のものもあり、かすかな香があります。

「馬酔木」と書くのは、濃い緑の葉や枝にある毒に馬も悪酔してしまうということですが実際に馬が食べて体調を崩した、などという話は伝わっていません。

馬酔木の木は灌木から時には7mくらいにも大きくなります。枝は茶褐色のごつごつの肌を持ち、切ろうとするとなかなか固い木です。艶のある小さな葉は古くなるとついている茎の元のほうから乾燥してパラパラと落ちていきます。しかし水揚げをすればもちは良く、酷暑や冷房の中、緑の葉を付けた花材がない時、たっぷりと葉の茂ったあせぼは使い勝手のいい植物です。しかし毒があるといわれている以上いけた後は手をしっかり洗います。

「浄瑠璃寺の春」が書かれたのは1943年(昭和18年)で、日本の戦局はますます混迷の様相をきたしていた頃です。そんななか下がり咲く花の可憐さは戦争とは対局の存在となり、馬酔木の花の微かな香りを手の中の花に探るとき、そのまわりの空気は別世界のものとなったに違いありません。(光加)

桜餅

sakuramoti椿の葉で道明寺をはさんだ椿餅、桜の葉で包んだ桜餅、そして餅を柏の葉でくるんだ柏餅など、季節の自然の葉を活かしたお菓子が日本の春から夏には次々とでてきます。

私たちは「花をいける」ということはまず視覚が重要と考えます。一方花や枝を切った時に立ち上る香り、手に伝わってくるその植物の感触、葉の擦れる音など、嗅覚、触覚、聴覚を駆使して全身で植物を感じ取っていることを忘れがちです。

植物をいけていくと、ゆれていた感情が落ち着いたり、気がつけば深呼吸をしていたりすることがよくあります。

母娘でお稽古に通っておいでの生徒さんのお母様はここ何か月も入院中です。今の病院は患者さんのアレルギーの心配から、お花がもちこみ禁止のところがほとんどで、お嬢さんのお稽古の春のお花も病室に飾ることができません。少し口からものがとれるようになった、さらにこし餡のものならほんの少しは召し上がれるようになったと聞き、桜餅をお届けしました。

外の春はまだ浅いですが、塩漬けの葉の桜の香りが小麦粉と白玉粉でつくられた薄い皮を通して餡にも移り、一足先に春を味わっていただけるかと思ったからです。

ご家族の話によると、まだ視力の回復が遅れている奥様はスプーンの先にのせて差し出された桜餅の餡を召し上がり、塩漬けされた桜の葉を鼻の先に引き寄せて香りを確かめ、「おいしかった!」と声に出されたそうです。葉は伊豆の松崎でとれる大島桜の葉を塩漬けしたものだと聞きました。

寒緋桜にはじまり、これから外では大島桜、敬翁桜、などが咲いていきます。

植物が人をいやしたり、慰めたりする現場に立ち会うことはしばしばありますが、ほとんどがお花を見てのことです。でも今回は桜餅の香りをとおして花より先に春が届けられたのです。奥様の心の中には満開の桜が引き出されたことでしょう。これも植物の持つ大きな力です。

次にお届けするのは柏餅かしら、いや、この様子だとその前に退院なさるのではと思っている毎日です。(光加)

今月の花(3月)苺の花

itigonohana苺は夏の季語ですが、現代では栽培種であるオランダ苺がハウスで育てられクリスマスからお正月、卒業や入学の時期に出回ります。

露地栽培の苺は、バラ科のオランダ苺属の特徴のひとつである白い小さな5弁の花びらをもった花を春の暖かさに可憐に咲かせます。

やがて赤い実がつきますが、私たちが実として見ている部分は花托で、表面にあるつぶつぶした種のように見える部分が実で中に種があります。

苺という名がつく植物は野苺の仲間もあり、花は白のほかに蛇苺のように黄色い花をつけるものや、ピンクの花のものもあります。

また、いけばなの花材のきいちごと呼ばれるものはかじいちごで、春に白い花が枝の先につきます。バラ科でもキイチゴ属で、フランス語でフランボワーズと呼ばれるラズベリーも同様ですが、キイチゴ属に属するものは、ある程度の高さのある木も含め多数あり花も苺の花と似ているものが多いのです。

生徒さんの父上が定年退職後、北海道の帯広で苺の栽培農家になったと聞いた時は、苺を北で?と意外でした。

花が咲くと蜂をハウスに放って受粉させたのち40日前後で収穫できるそうです。

苺は近くの有名なお菓子の工場に納め、このお宅では6,7月と9月が一番忙しい季節です。

「帰省の時、その時期だとお手伝いで大変でしょう?」と聞けば「両親は苺に一切触れさせてくれず、私は収める箱を組み立てるくらい」というのです。

なかでもケーキの上にのせる苺は規格が厳しく色やサイズ、重さまで決められていて、味は一番最後かも、とこっそり教えてくれました。指紋も付けてはならず、素手で摘むので訓練をうけた方たちしか摘果ができないのだそうです。

しかし花の時、雄蕊の形でこれからできる実の形がわかるので形が悪ければ小さな花まで摘花をして無駄な手間を省きます。おいしい苺になるための花を咲かせるには長い日照時間と、温度の管理が重要です。

手のかけられた苺を使うショートケーキは他のケーキとはどこかちがう気がします。ふわふわした卵色のスポンジに白い生クリームと赤いイチゴの色が映え、この組み合わせは心を弾ませ特別な日にいただくのにふさわしく思えてくるからです。

晴れの日を飾る苺を目指して白い花は選ばれ、懸命に咲くのです。(光加)

エケべリア

DSCN2760多肉植物というものに興味がなかったのは、この植物たちには茎のないものもあり、いけばなの花材としてあまり考えられなかったからだと思います。

その一種、エケベリアは数えきれないほどの種類があります。中央から360度に出ている何枚も重なった葉の様子はまるで開いたバラの花のよう。葉は厚く、ひやりとして固い耳たぶのような触感です。調べると弁慶草科に属していました。

初夏に薄いピンクの小さな花が集まる弁慶草も多肉性で弁慶草科です。葉や茎は粉の吹いたような薄めの緑色、乾燥にとても強く、まるで豪傑の武蔵坊弁慶のようということで名づけられているそうです。

昨年2月末の花仙の会に使ったエケベリアはずっと我が家の棚の上にありました。水にも入れず、土にも植えなかったのです。ところが茎の元にある葉が少し萎びてきたにもかかわらず、新しい葉も出て小さな花も咲きました。盛夏を迎えたころ、私は旅に出て帰り、エケベリアたちもさぞ暑かっただろうとさっと水をくぐらせ、水気を注意深く拭いてあげました。ところがエケベリアの葉は急にクタッとしてしまいました。何ということをしてしまったのだろうという反省も後の祭り。どうすることもできず半年も同じ空間にいた仲間が次々といなくなり、その空間に穴があいたようで悲しい思いをしました。

11月のデモンストレーションに「開店祝いの花」というテーマでいけることになり、私はエケベリアを選びました。新開店の店には賑やかに花々を使ったアレンジが多数贈られると推察し、あえて花は2本の赤のアマリリスしか使わず、あとは赤いウインターベリーやきんかん、風船唐綿などの実のなった花材を選びました。そして、他の植物が枯れてもエケベリアは元気で、送り主の印象も残るのではと思ったのです。

今度はしっかりと植木鉢にサボテン用の土を入れてエケべリア9個を植え、朝は外に出して陽にあてたりしています。

弁慶の泣き所は向う脛。牛若丸が投げた扇がそこに当たって降参したといわれています。乾燥にはめっぽう強いというエケベリア。その泣き所のひとつは植物に一番必要と思われている水だったことがこの多肉植物への興味を掻き立てられ、ここのところ毎日ご機嫌を見ているのです。(光加)

今月の花(2月)柊

hiiragi雪の予報が気になる一月も終わりのある晩、久しぶりの赤坂の割烹で冬のお料理を囲みました。次々と運ばれてくるなか、小鉢に彩りの京人参、その上に柊の葉が一枚。あと数日で節分、春も近いというわけです。

立春の一日前、節分には家の戸に鰯の頭と共に棘のある柊の小枝が飾られるというのですが、今では都会ではほとんど見かけられなくなってしまいました。節分の柊はこの時期、花屋さんにも置いてありません。さされている鰯の臭い、それをめがけて鳥などが来てしまう――などの理由もあるのでしょうか。

「ひいらぎ」の漢字は、木へんに冬と書く「柊」のほかに「疼木」という字があります。葉にある棘をさわったときの感触が「ひいらぐ」つまり、ひりひりとするという言葉からきているそうです。さすがの鬼もこの痛いものは苦手なのでしょう。

柊は老木になると葉の棘もなくなり、葉の形も楕円に近くなってしまうとか。鬼を追い払うのは鬼が触れると思わずすくむ、「ひいら」げさせる鋭い棘のある葉のついた若い枝に任せようというわけでしょうか。

 

柊は福島以西の山の中にあるだけでなく庭木としても植えられることがあります。もくせい科に属すので初冬には白くて香りのある小さな花を葉のつけねにたくさん付けます。やがて結ぶ実は赤ではなく、紫黒色で6月頃につくので、じつはクリスマスには実はないのです。

クリスマスの時には艶のある緑の葉のもの以外に、金や銀の色を吹き付けていけられたり、飾られることもあります。また、確かに赤い実を付けた柊も見かけますが、これはセイヨウヒイラギや、ひいらぎもちでモチノキ科のものです。

子供の頃、豆まきは「鬼は外」は戸をあけて大きな声で、「福は内」は家の中で少し小さな声でね。」といわれ、大声を上げるのをご近所に聞こえたら恥ずかしいと思いながら豆まきをしたものです。

豆まきをしたあと、年の数だけ豆をいただく、とはとてもできないような年を重ねてしまいました。あとの掃除を考えると豆を撒くのもほんの少しだけにしてしまいます。

春を元気に迎えるには、せめて声だけは元気よくはりあげ「おにわぁ-そと!」といきたいところです。(光加)

室咲き

DSCF3829冬の季語に室咲きという言葉があります。

寒い中花屋さんの店先に春の花を見かけると、温室の中で育てられたのか、国内の暖かい所から、あるいは輸入なのか、と眺めます。季節を先取りして店頭に並べられる花たちにはそこに来るまでにそれぞれの物語があります。

雑誌などに掲載する作品の制作の依頼が私にも寄せられることがあります。

これはこの季節のこういうテーマで、という詳細が知らされるのですが、実際に作品写真を載せた季刊誌の発売がずいぶん先ということもあり、花材を選ぶ時には注意を払います。

そんなときに思い出すのが、私の属す流派の初代家元と、出入りの花屋さんの話です。

今から30年以上も前に、こんな話を聞きました。

ある時、家元の作品の写真撮影のためスタジオではカメラマンやスタッフが待機をしていました。年が変わった頃だったかもしれません。スタジオには出始めたばかりの春の花々が並び家元を待っていました。特に蕾をつけた桜がいい具合に開いていました。色もたいそう美しいもので、早咲きの桜だとしてもその時期にはどこにも見られないものでした。

花屋さんの大番頭さんもスタッフの後ろに控えていました。到着した勅使河原蒼風家元はまずひときわ目立つ桜を眺め、次に下から見上げていき選んだ一枝をゆっくりと切りました。そして「ちょっと、そこのお前さん!」と花屋の大番頭さんを呼んだのです。

大番頭さんは何か粗相をしたのだろうかと震え上がったことでしょう。

家元の大きな眼でじろりとみられるだけで、その眼光の鋭さには私もいつもはっとしたものです。ゆっくりとした動作で、歩を進めるたび周りの人は思わず一歩下がるような、初代のカリスマ性をもった家元はこう言ったそうです。

「私にこの春、一番早く桜をいけさせてくれてありがとうよ。」

その桜は幹のある高さのところで色がはっきり変わっていました。幹の下のほうの水がしみ込んだ跡を見て、桜の枝がかなり長い間深水につけられていたことを家元は瞬時に見抜いたのです。それはまだ固い蕾の時に切り出しに入れて、この撮影のために花屋さんが花の咲き具合を調節していた桜でした。

今の温室とは規模も形も、花屋さんの苦労も異なっているかもしれません。

まだ若かった私はこの話を知った時、室咲きという言葉が心の中に刷り込まれ、同時に日本の花屋さんに伝わる技術に尊敬の念をいだいたのです。(光加)

 

 

 

葉ぼたん

habotanお正月に勢いのある大きな花を使いたい、となればこの葉ぼたんが挙げられるのではないでしょうか。気温が下がるとともに花壇にも白や赤紫、紫やうすピンク、クリーム色などが鮮やかさを増す葉ぼたんを見かけます。もともと人目を引くような冬の花は限られていますが、この植物は大きいものだと直径50cmにもなります。葉が重なり、その重なり方が牡丹に似ているので葉ぼたんと名前が付けられたそうです。

元はキャベツと同じアブラナ科で、球を結ばないキャベツといってもいいでしょうか。ヨーロッパのケールを改良したものでdecorative kare(装飾用のケール)といい、18世紀に野菜として入ってきたといわれています。このケールという名をどこかで聞いた方もあるはずです。

野菜の中では栄養価が極めて高いことから、今はやりの青汁にもケールが原料として使われていることが多いのです。

観賞用である葉ぼたんは葉の形も縁がチリチリとしたちりめん型のものや、丸みをおびた丸葉型のもの、細かい切れ込みのある切れ葉型のものなどがあります。サイズも前述の大きなもののほかに、すっと伸びた茎の上についた小ぶりの可愛らしい葉ぼたんも園芸品種として栽培されています。

ヨーロッパではあまり見かけないと思っていたのですが、先日いけばなの仲間の写真の中にモスクワの方が霞草と共にいけられているのを見ました。どこかの国から輸入されたのでしょうか。それともロシアの中でも比較的暖かい地方から来たのでしょうか。

春になると、葉ぼたんの中心の花茎が伸びはじめ、やがてその先に、なるほど、アブラナ科だったのだと思い起こすような黄色い花を付けます。このひょろひょろと伸びている状態を「薹がたつ」といって必ずしもいい意味では使われない言葉があてはめられますが、春の日差しの中でのびのびと、すっかりリラックスしきった表情はユーモラスで面白いと思います。

元の葉はかすかながら貫禄をのこし、一方では軽みと可笑しさとともに峠をこした生き物としての植物の悲しみを感じさせる味わいのある薹のたった葉ぼたん。お正月のピシリとしまった葉のものもいいけれど、春の盛りの葉ぼたんもいつかいけてみたいと思うのです。(光加)