Category Archives: 店長より

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」三月

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」。三月の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛子和え」花「勿忘草」です。

【特選】
きんつばの小豆艶やか春炬燵  守彦

炬燵でいただくきんつば。「艶やか」な小豆が、春と呼応する。

傘寿より俳句始むと春の文  弘道

心弾む春らしい一句。「文」まで言ってしまうと説明。「傘寿より俳句始むと友の春」。

【入選】
勝名乗り受けし関取日脚伸ぶ  周作

なかなか勝てなかったのかもしれない。「日脚伸ぶ」に、応援している人々の温かな眼差しが感じられる。

はうれん草茹でる束の間長きかな  涼子

青菜は湯で加減が命。特にほうれん草は一瞬で茹ですぎてしまう。「束の間長き」が言い得て妙。

子の摘みし花の顔花菜雛  隆子

ことばが多く、ごちゃごちゃしてしまった。「子の摘みし花の一輪花菜雛」。

翁一人戦時生ききし春耕す  弘道

こちらも説明しすぎ。「戦の世生きて一人の春耕す」。

ため息をつけば浮き来る春の鯉  今日子

ほんとうかなと思うが、なにやら春の感じがある。春愁か。

玉子とぢ三葉白魚そして独活  涼子

料理の材料を並べただけだが材料選びがうまくいった。春の嬉しさがあふれている。

風邪の身に彼岸の水のつめたさよ  稲

「彼岸の水のつめたさ」に季節の体感がよく表現されている。

生一本いかなご添へて届きけり  弘道

「いかなご」が動くが、春の到来を告げる肴は生一本のあてには上々。

春の川声あげ子らの追ふて行く  弘道

きらきら輝く川の水を追いかける子供たち。「春の川声あげて子ら追ふて行く」。

催花雨や生きて目覚めし朝かな  稲

暖かな雨に目覚めた春の朝。上五が重いか。「春の雨生きて目覚めし朝かな」。

四月の兼題はカフェきごさいのサイトより四月の季語「春のバラ科の花々」料理「葉山葵のお浸し」花「スイートピー」です。

紙雛お菓子の箱に納めけり  光枝

カフェきごさいネット投句(三月) 飛岡光枝選

【特選】

卒業す石蹴りながら帰り道  周作

毎日石を蹴りつつ帰った通い路とも今日でお別れ、などと説明するととたんにつまらなくなる。「石蹴りながら帰り道」に「卒業」がありありと現実のものとなったのだ。

うぶすなの土から土へ菊根分  隆子

「うぶすなの土」は菊ならでは。今年も大切に育てる菊。

【入選】

チェホフを閉じてせまれる余寒かな  弘道

「余寒あり」としっかりと止めたい。この形の句は多いが「せまれる」に実感がある。

病癒ゆ友の家訪ふミモザ咲く  弘道

動詞が多く、ぶつぶつ切れてしまった。「病癒えし友の家訪ふ花ミモザ」。
  
根分けして菊すこやかや實の忌  隆子

飴山實氏に「低吟のとき途絶ゆるや菊根分」「身のうちの邪気をふまへて菊根分」の句がある。

妹は姉より強し雛の家  涼子

「雛の家」では句が意味不明になってしまう。「妹は姉より強し雛飾る」。

忘れな草マドンナの来るクラス会  涼子

「マドンナの来るクラス会」は面白いが「クラス会」と「忘れな草」では付きすぎ。「スイートピーマドンナの来るクラス会」などなど、一番合う季語を探すこと。

【今月の投句より】

「どつしりと湯呑茶碗や浮寝鳥」
・「どっしり」と、浮寝鳥の「ふらふら」の対照を面白いと作られた句だと思うが、内容が無ければ俳句にはならない。

「菜の花の花ほろにがし辛子和え」
・料理の説明になってしまった。「菜の花の花ほろにがし」を生かし「下五」で世界を開く。原句は始めの始め、ここから作っていく。

「白山はいまだしろたへ飴山忌」
・「いまだ」はこの句では「いまも」「けふも」がいい。辞書には「いまだ」の意味として「今もなお」「前のままで」とも載っているが、否定形でつかう「いまだ~ない」のニュアンスが感じられるからかもしれない。「しろたへ」は「白山」の形容としては合わない。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」二月

「カフェきごさい」句会、二月の兼題はサイトより二月の季語「節分」料理「酒粕(粕汁など)」花「土筆」です。

【特選】

平げて骨透きとほる鰤の鎌  今日子

「平げて」と豪壮に始まる一句は鰤一尾を食べつくしたかのようで愉快。「骨透きとほる」には寒鰤の「寒」が感じられる。「平らげて骨透きとほる寒の鰤」もある。

【入選】

対岸は高層ビル群つくづくし  涼子

東京郊外の土手の様子がよく描かれている。突っ立つビルと土筆。

生きてこそ身に沁む春の光かな  守彦

「生きてこそ」に実感があり、「春の光」の明るさ、暖かさがよく伝わる。ちなみに「身に沁む」は季語としては秋。

戸をたたき大股でゆく春一番  稲

「大股でゆく」が春一番らしい。

春昼や競馬新聞読む男  弘道

のどかな春の昼にも人間の欲望は健在。「春昼」に潜む、明るいだけではないものが感じられる一句。

どんぶりに満たす粕汁雪を掻く  涼子

「満たす粕汁」が少々散漫。「どんぶりの粕汁食うて雪を掻く」。

醒めていてみている夢や冬ふとん  周作

「布団」は付きすぎ。あえて「冬ふとん」という必要もない。「醒めていてみている夢やチューリップ」など、「季語」一考を。

黄水仙もう一まはりジョギング  光加

黄水仙の明るい色に励まされて。「一まはり」→「一回り」。

受付の呼鈴金物や厚氷  周作

呼鈴が厚くはった氷に響くよう。「金物」に「カネ」とルビが付いているが、無理がある。「受付の呼鈴ひびく厚氷」。

鳥の絵の小鉢に盛らん花菜漬  隆子

「花菜漬」が鮮やか。

三月の「カフェきごさい」の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛し和え」花「勿忘草」です。

土筆ん坊寅さんを待つ風の中  光枝

カフェネット投句(二月)飛岡光枝選

【特選】

豆を撒く飼ひ馴らしたき鬼もゐて  涼子

豆で鬼をおびき寄せている?!空恐ろしい一句。原句は「飼い馴らしたき鬼もゐて豆を撒く」。

幼子は小さき籠に土筆摘む  弘道

一心に土筆を摘む子供。原句の「幼子と小さき籠に土筆摘む」ではただの報告になってしまう。

【入選】

面影は花すかんぽの色に褪せ  隆子

「すかんぽ」にはなつかしい響きがある。

無防備の土筆一本風に立つ  隆子

確かに土筆の様子は無防備。原句は「無防備の土筆一本胸の中」。

忘れえぬ人の数々土筆和  弘道

原句は「忘れえぬ景の数々土筆和え」。より焦点を絞ること。

土手にはや土筆出たぞと理髪店  周作

髪結床の噂話。春のにぎやかさが伝わってくる。原句は「土手にはや土筆出たぞや理髪店」。

菜の花に地蔵隠れし櫓かな  周作

いつもなら櫓から見えるお地蔵さま、今は菜の花が揺れるばかり。

粕汁や岸壁に舞ふ波の花  涼子

きびしい厳冬の景と湯気を上げる粕汁と。過不足ないしっかりとした一句。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」1月

1月の兼題は「カフェきごさい」のサイトより、「餅」「餅花」です。

【特選】

餅花や飛騨の大雪気にかかり  光加

目の前で揺れる餅花と飛騨に降る雪。理屈ではない。原句は「餅花や飛騨の積雪気にかかり」。

餅花やあらたまの日々弾ませて  涼子

新しい年の新たな日々が、まるで餅花のように弾んでいる。

とんどの火宇宙船より見へるらん  弘道

宇宙ではなく宇宙船と言ったことで、実感がある句となった。「見ゆるらん」。

ゆであげて雪の白さの白魚かな  隆子

湯気と雪と白魚の白。

【入選】

寒蜆あひ照り合うて盛られをり  隆子

「盛られをり」一考を。

着ぶくれの中分けゆくや土俵入り  光加

「着ぶくれの人を分けゆく」。

海山の幸を田の字にお重詰  隆子

「海山の幸」が目出度い。

探梅や酒一本を懐に  弘道

うすら寒い季節の楽しみ。

初声やさねさし相模の浪間より  涼子

「さねさし相模」が囃調子でめでたい。

丸餅を焼けば怒れる玉となり  今日子

丸餅だから玉となるという理屈を抜けたい。

ふれあつて霰の音や餅の花  隆子

ぱらぱらと音をたてる餅花。

これがまあ一茶の里の深き雪  弘道

「一茶の里か雪深く」という形もある。

門松を飾りに帰る父母の家  今日子

「父の家」「母の家」もあり、一考を。

大寒や白湯一口のうまさかな  稲

身体に染み入る白湯の味。「大寒の白湯一口のうまさかな」「大寒や白湯一口のうまきこと」。

聞き上手話し上手や雪列車  弘道

「雪列車」が少々強引だが様子はよくわかる。

挟み得てのつぴきならず粥柱  隆子

「挟み得て」が大げさ。「挟みあげのつぴきならぬ粥柱」。

2月の兼題は「今月の季語」節分、「今月の料理」酒粕、「今月の花」土筆です。

餅花をゆらして春は来たりけり  光枝

福島光加さん 花のデモンストレーションのお知らせ

「カフェきごさい・今月の花」担当の福島光加さんによる、いけばなのデモンストレーションが開催されます。草月流本部講師・師範会理事として国内外で活躍する光加さん。観客から見て正面になるように後ろから花をいける「後ろいけ」は必見です。(光枝)

【春の小さなデモンストレーション】

〈日 時〉 3月3日(金)18:30~
      3月4日(土)17:00~
〈会 場〉 「原宿ピアザビル」地下
      渋谷区神宮前4・26.18
      *「明治神宮前駅」出口5 徒歩1分
〈会 費〉 各回 2,000円
      予約 KOKAF1107@l.SOFTBANK.JP
      (当日の参加も可能です)

カフェネット投句(1月) 飛岡光枝選

【特選】

一休の腰に挿したる餅の花  周作

一休にこのような逸話が残っているのかは知らないが、さもありなんという風情。「めでたや めでたや」と里を歩き回る姿が目に浮かぶ。

初夢や花びらもちに包まれて  弘道

花びら餅の白妙の布団にくるまれて見る夢はどんな夢だろう。「初夢」「花びら餅」と季語がふたつあるので「夢をみる花びらもちに包まれて」とすることも考えられるが、この句の「初夢」は動かしがたい。平仮名を多用したことも柔らかな句の内容と合っている。

【入選】

新しき大地のごとく鏡餅  今日子

鏡餅を大きく捉えた新年らしい一句。ただ、大地はもっと広々したものなので一考を。

炉語りは疎開のはなし餅の花  涼子

しみじみと昔の話を聞くのも正月ならでは。「炉語り」が「はなし」とダブる。「婆に聞く疎開のはなし餅の花」など。

初富士へ転舵する船大飛沫  涼子

初富士らしい大景。「転舵」「船」もダブり。「初富士や面舵いつぱい大飛沫」など。

うれしさの弾けしだれて餅の花  隆子

新年の喜びを餅花に託して。

華やげる餅花くぐり客席へ  弘道

「客席へ」がいかにも説明。「華やげる餅花くぐり三番叟」など。

天井の餅花影を散らしけり  周作

位置関係が曖昧。「天井に」。

【投句より】

・「太箸を子供二人がもてあまし」

「二人」がこの句では必要かを考え、この字数を言いたいことに近づくように使いたい。

・「初湯浴み肉やはらかく放たれし」

「放たれし」がわかりにくい。解放感を言いたいことはわかるがより具体的に。「湯浴み」がもったいぶった印象になり、「初」が効いてこない。「初風呂」「初湯」で十分。

・「凍み餅はくだけて霜の花のごと」

「霜の花」は霜のこと。「凍み餅」がなんでそんなに粉々になるのか映像が結ばない。

・「餅花の影軽やかに揺らぎけり」

「軽やか」に「揺らぎ」は合わない。「軽やかに揺れにけり・揺れてをり」。辞書では「揺らぎ」は「ゆれる、ゆれ動くこと」と出ているが、「揺らぎ」と「揺れる」の言葉の風合いの差を感じて使い分けることが大切。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」12月

今年最後の「カフェきごさい」句会。兼題はサイトより12月の「季語」冬の衣、「料理」牡蠣蕎麦、「花」カトレアです。

【特選】

星もまた歳をとるとや木の葉髪  きみ子

冬に抜け落ちる髪を、散っていく木の葉に託した季語「木の葉髪」。身の内側に籠る句がよく詠まれる季語だか掲句は壮大な宇宙に思いを拡げた新鮮な一句。

【入選】

富士の山全くみゆる冬野かな  守彦

「冬野」から富士が全く見えるでは新鮮味が薄い。季語を一考。

もう耳の聞えぬ犬に敷く毛布  きみ子

毛布と心の温かさ。「毛布敷く」。

ふやけたる柚子一個居りバスルーム  光加

柚子湯の翌朝。ほんのり残る柚子の香り。「一個あり」。

碁仇と病気自慢や年忘れ  弘道

「碁仇」の字面が重い割には句のなかでは生きていない。軽く「句仇」くらい?

冬芽みることに始まる一日かな  隆子

一日一日を大切に過ごしている様子が伝わる。

白富士をわが家より拝す大旦  稲

「わが家より白富士拝す大旦」。

まづ牡蠣を頬張りにけり晦日蕎麦  涼子

牡蠣入りの晦日蕎麦とは豪勢な。「まづ」に勢いがある。

黄落やひと風吹きて子の消ゆる  守彦

「黄落」の眩しさ、豊かさ。

カトレアを胸に米寿の父酔ひぬ  きみ子

「酔ひぬ」で一句になった。

歯に沁みる熟柿(うみがき)うまし炬燵かな  守彦

熟柿の美味しい食べ方。

松葉蟹真赤になつて睨みおり  弘道

蟹の目はあまりに小さいので睨んでいるとも思えないが、赤い甲羅全体で睨んでいるような気がする。

五年目の貫禄を着る革ジャンパー  涼子

「革ジャンパー」をしっかり捉えた一句。「コート」では様子が違う。

餅搗やふり入る雪も搗きこんで  隆子

よく詠まれる情景だが過不足なく表現できた。「ふり入る雪を」。

1月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい講座」の兼題は、サイトより1月の季語「餅」、料理「ポークの紅茶風味(「おせち料理」一切)、花「餅花」です。

新宿の朝日カルチャーセンターの句会、またサイトのネット投句に今年も意欲溢れる句が寄せられました。来年度もより充実した講座、サイトにしてまいりますので、ご期待ください。

サイトには折にふれ、店長の日本(海外も?!)各地での吟行リポートも掲載していきたいと思います。
みなさま、どうぞよいお年を!

この国の明日を温めん冬至風呂  光枝

カフェネット投句(12月)飛岡光枝選


【特選】

毛糸玉ころがる先に毛糸玉  周作

解き直した毛糸をいくつかの玉にしているのか、幾色かの毛糸で編んでいるのか。仔猫たちがじゃれ合うような毛糸玉の様子に幸福感が漂う。

いつの日か君は羽化してカトレアに  隆子

仙人ならずカトレアになって匂い立つ人。若者(女性?)への贐のことばにふさわしい一句。

四角なる餅もまあるく膨らんで  涼子

本当に丸くなるわけではない。楽し気に餅を焼く人の心持がいい。

【入選】

切るならば切れと鮟鱇睨みけり  弘道

鮟鱇は陸にあがるとだらしなくなってしまい、句のような精悍な様子の鮟鱇にはあまりお目にかからない。

年の瀬や都大路を足早に  弘道

特に新しい内容ではないが「都大路」という古風なことばが効いている。

難民の空へ飛びゆく毛布あり  隆子

一枚の毛布に命をつなぐ人々。

カトレアを胸に新婦に並び立つ  涼子

このままでは状況説明。「カトレアを胸に新婦の母となり」。

【投句より】

襟巻は狐や鼻のこそばゆく  

「襟巻の狐の鼻のこそばゆく」。同様の切れ字の使い方がこの作者の句には時々見受けられる。一考を。

呟きてひと色選ぶ毛糸玉

この「呟きて」はわからない。もっと具体的に。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」11月

11月の兼題は、サイト「カフェきごさい」より、季語「冬の衣」料理「白和え(柿)」花(植物)「南瓜」です。

【特選】

オーバーは母の形見や穴ひとつ  涼子

穴を見るたびに蘇る面影。「形見や」の切れ一考。「オーバーや母の残せし穴ひとつ」など。

先づは燗店のざわめき聞きながら  守彦

馴染みの店だろう。「先ずは燗」がいい。

大雪となりし初雪首都ちぢむ  涼子

下五が残念。上五中七を活かす取り合わせに。

【入選】

散紅葉茅葺き屋根の蒸気せり  今日子

紅葉が散る頃の冷たい空気感が出ている。「散紅葉茅葺き屋根は蒸気あげ」。

失敗の多き我なり頬被  涼子

あまり反省はしていないようで愉快。

銭湯の角に小屋掛け飾売  守彦

町の様子が過不足なくしっかり描けている。

日溜りのひとつとなりぬ綿子着て  隆子

なりぬとまで言って成功、日溜りにいるようだではつまらない。

初雪やこんここんこと天歌ひ  光加

初雪の心楽しさ。

安心の南瓜やけふも大皿に  隆子

「けふも」に、身近な南瓜だからこその切なる祈りを感じる。

さて何処へ目深にかぶる冬帽子  守彦

気取りすぎ?だが、夏帽子ではこうはいかない。

白和へへ紅玉りんごを皮のまま  涼子

「白和への紅玉りんご皮のまま」。

夕間暮れ点描となり鴨の陣  今日子

鴨一羽一羽を点と捉えるのは当たり前だが、鴨の陣が点描画法で描かれたようだというのは面白い。

石ころのひとつひとつに秋夕日  周作

「ひとつひとつに」に秋の感じがある。「夕日」では焦点が合わない。「秋夕焼け」「秋日差す」。

風邪除けと冬至南瓜を大盛りに  涼子

「風邪をひかないから食べなさい」お母さんの声が聞こえてきそう。

情景がしっかり描けている句が増えた反面、切れ字が安易に使われている句が散見。一字一字に注意を払いたい。

熊撃ちは熊の毛皮を敷き眠る  光枝