Category Archives: 店長より

カフェきごさいネット投句(五月)飛岡光枝選

【特選】
カラフルな帽子咲かせて茶摘みかな  涼子

昔は菅の傘だった茶摘み娘も今はカラフルな帽子姿。「帽子咲かせて」に新茶の頃の弾む心が感じられる。「茶摘み」→「茶摘」。

さんざめく十戸の村や初のぼり  隆子 

久方ぶりの赤ちゃん誕生か、初節句に村中の人々が沸き立つ様子。この句の場合「初のぼり」は「初幟」の方が押さえが効く。

【入選】
鯉のぼり一本だけの山の村  弘道

「一本だけ」とすると言いたいことが全て見えてしまい余韻が感じられない。「鯉のぼり一本泳ぐ山の村」。

武具飾りやさしき男の子となりにけり  涼子

「なりにけり」が冗長。「武者人形飾りやさしき男の子かな」。

昼マック空席なしやチューリップ  周作

季語が今ひとつ効いていない。「マクドナルド空席を待つ花の昼」など。

(投句より)
「細胞のきりりきりりと菖蒲の湯」
「きりりきりり」がよくわからない。感覚でとらえたことをしっかり描写すること。

「花の名を写真にとりて教えけり」
「花」は「華やかなもの」のこと。「桜」は華やかなものの代表なので季語の「花」は「桜」をさすことが多い。「花」といっても「桜」でない場合もあるが、「花」にふさわしい華やかさを感じさせなければならない。この句の「花」は季語としての働きをしていない。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい」句会 4月

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい」句会。4月の兼題は「カフェきごさい」サイトより今月の季語「春のバラ科の花々」料理「葉山葵のお浸し」花「スイートピー」です。
【特選】
スイートピー迷路のごとき蔓を追ふ 今日子

マメ科であることを再認識させられる宿根草スイートピーの蔓。蔓を迷路と捉えた一句。ただ「追ふ」では意味不明。「スイートピー迷路のごとく蔓のばし」。

白藤の木下に眠れ孕鹿  隆子

白藤のぼおとした空気感と子を宿した鹿の倦怠感が呼応する。「木下」が強いので藤の花が消されてしまう。「白藤の下に眠れる孕鹿」。

子に送る粽をきりりと結びけり  弘道

子供の健康と幸を願う手作りの粽。この句の粽を結ぶ表現としては「きりり」よりぴったりなことばを探したい。「を」はいらない。

【入選】
こでまりの垣根に弾む新居かな  隆子

弾むこでまりに新しい暮らしへのわくわくする心持ちを託した。「垣根」は不要。

点々と置かれし碁石浮寝鳥  周作

浮根鳥が碁石とは面白い。ただ、浮いている柔らかい鳥が石とは少し無理がある。

花衣脱ぎて母の割烹着  弘道

花見の余韻に浸る間もなくすぐに日常へ。これが母の強さかもしれない。「脱ぎて」がいかにも説明。脱がなくてもいいか。

八重桜雨に重たき日曜日  涼子

なにげなく置かれたような「日曜日」が思いのほか効いている。

さみどりの山河かをれる新茶かな  隆子

「かをれる」がたどたどしい。ストレートに表現した方が句の内容に合う。

友無事や花菜漬の届かざり  弘道

毎年の花菜漬が届かない。「友いかに」。

蔓先は虹を恋ふかにスイートピー  隆子

どこまでも伸びようとする蔓。「蔓の先」。

山葵田を巡りて青い風となる  今日子

この中七下五には「山葵田」より合う季語がありそう。「青き風」。

制服の折り目正しきスイートピー  周作

制服の清潔感と青春性がスイートピーによく合う。

ゆすらうめ鳥の止まれば花こぼれ  光枝

カフェきごさいネット投句(四月) 飛岡光枝選

【入選】
京ことば行きては帰る花朧  弘道

花時の夕暮の艶めいた雰囲気を表現。京の人ではなく、ことばに焦点を当てたところが新鮮。

花すぎの一人の夕餉むし鰈  隆子

「花過ぎ」の空気感と、ほろほろとした「蒸し鰈」の質感が合う。「花過ぎのひとりの夕餉むし鰈」。

炊きあげて卓に野の香や豆ごはん  隆子

豆ごはんは目にも爽やかだが、その香りもご馳走。

つぎつぎと寄せて枝垂るる桜かな  周作

「寄せて」がわからない。「つぎつぎと咲いて枝垂るる桜かな」。

笑い皺美しき人なりスイートピー  涼子

スイートピーは可愛らしい花だが、なぜか若い人という感じはしない。「笑ひ皺美しき人スイートピー」。

(投句より)
「特大の山葵伏流水育ち」
意味はよくわかるのだが、ことばの扱いが少々雑でどこに思いがあるのかが伝わらない。

「春の野をボンネットバス走り過ぎ」
破たん無くできているが、「春の野」という季語がこの句では茫洋としてしまい、ただの情景説明になってしまった。もう一歩踏み込んだ季語が必要。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」三月

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」。三月の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛子和え」花「勿忘草」です。

【特選】
きんつばの小豆艶やか春炬燵  守彦

炬燵でいただくきんつば。「艶やか」な小豆が、春と呼応する。

傘寿より俳句始むと春の文  弘道

心弾む春らしい一句。「文」まで言ってしまうと説明。「傘寿より俳句始むと友の春」。

【入選】
勝名乗り受けし関取日脚伸ぶ  周作

なかなか勝てなかったのかもしれない。「日脚伸ぶ」に、応援している人々の温かな眼差しが感じられる。

はうれん草茹でる束の間長きかな  涼子

青菜は湯で加減が命。特にほうれん草は一瞬で茹ですぎてしまう。「束の間長き」が言い得て妙。

子の摘みし花の顔花菜雛  隆子

ことばが多く、ごちゃごちゃしてしまった。「子の摘みし花の一輪花菜雛」。

翁一人戦時生ききし春耕す  弘道

こちらも説明しすぎ。「戦の世生きて一人の春耕す」。

ため息をつけば浮き来る春の鯉  今日子

ほんとうかなと思うが、なにやら春の感じがある。春愁か。

玉子とぢ三葉白魚そして独活  涼子

料理の材料を並べただけだが材料選びがうまくいった。春の嬉しさがあふれている。

風邪の身に彼岸の水のつめたさよ  稲

「彼岸の水のつめたさ」に季節の体感がよく表現されている。

生一本いかなご添へて届きけり  弘道

「いかなご」が動くが、春の到来を告げる肴は生一本のあてには上々。

春の川声あげ子らの追ふて行く  弘道

きらきら輝く川の水を追いかける子供たち。「春の川声あげて子ら追ふて行く」。

催花雨や生きて目覚めし朝かな  稲

暖かな雨に目覚めた春の朝。上五が重いか。「春の雨生きて目覚めし朝かな」。

四月の兼題はカフェきごさいのサイトより四月の季語「春のバラ科の花々」料理「葉山葵のお浸し」花「スイートピー」です。

紙雛お菓子の箱に納めけり  光枝

カフェきごさいネット投句(三月) 飛岡光枝選

【特選】

卒業す石蹴りながら帰り道  周作

毎日石を蹴りつつ帰った通い路とも今日でお別れ、などと説明するととたんにつまらなくなる。「石蹴りながら帰り道」に「卒業」がありありと現実のものとなったのだ。

うぶすなの土から土へ菊根分  隆子

「うぶすなの土」は菊ならでは。今年も大切に育てる菊。

【入選】

チェホフを閉じてせまれる余寒かな  弘道

「余寒あり」としっかりと止めたい。この形の句は多いが「せまれる」に実感がある。

病癒ゆ友の家訪ふミモザ咲く  弘道

動詞が多く、ぶつぶつ切れてしまった。「病癒えし友の家訪ふ花ミモザ」。
  
根分けして菊すこやかや實の忌  隆子

飴山實氏に「低吟のとき途絶ゆるや菊根分」「身のうちの邪気をふまへて菊根分」の句がある。

妹は姉より強し雛の家  涼子

「雛の家」では句が意味不明になってしまう。「妹は姉より強し雛飾る」。

忘れな草マドンナの来るクラス会  涼子

「マドンナの来るクラス会」は面白いが「クラス会」と「忘れな草」では付きすぎ。「スイートピーマドンナの来るクラス会」などなど、一番合う季語を探すこと。

【今月の投句より】

「どつしりと湯呑茶碗や浮寝鳥」
・「どっしり」と、浮寝鳥の「ふらふら」の対照を面白いと作られた句だと思うが、内容が無ければ俳句にはならない。

「菜の花の花ほろにがし辛子和え」
・料理の説明になってしまった。「菜の花の花ほろにがし」を生かし「下五」で世界を開く。原句は始めの始め、ここから作っていく。

「白山はいまだしろたへ飴山忌」
・「いまだ」はこの句では「いまも」「けふも」がいい。辞書には「いまだ」の意味として「今もなお」「前のままで」とも載っているが、否定形でつかう「いまだ~ない」のニュアンスが感じられるからかもしれない。「しろたへ」は「白山」の形容としては合わない。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」二月

「カフェきごさい」句会、二月の兼題はサイトより二月の季語「節分」料理「酒粕(粕汁など)」花「土筆」です。

【特選】

平げて骨透きとほる鰤の鎌  今日子

「平げて」と豪壮に始まる一句は鰤一尾を食べつくしたかのようで愉快。「骨透きとほる」には寒鰤の「寒」が感じられる。「平らげて骨透きとほる寒の鰤」もある。

【入選】

対岸は高層ビル群つくづくし  涼子

東京郊外の土手の様子がよく描かれている。突っ立つビルと土筆。

生きてこそ身に沁む春の光かな  守彦

「生きてこそ」に実感があり、「春の光」の明るさ、暖かさがよく伝わる。ちなみに「身に沁む」は季語としては秋。

戸をたたき大股でゆく春一番  稲

「大股でゆく」が春一番らしい。

春昼や競馬新聞読む男  弘道

のどかな春の昼にも人間の欲望は健在。「春昼」に潜む、明るいだけではないものが感じられる一句。

どんぶりに満たす粕汁雪を掻く  涼子

「満たす粕汁」が少々散漫。「どんぶりの粕汁食うて雪を掻く」。

醒めていてみている夢や冬ふとん  周作

「布団」は付きすぎ。あえて「冬ふとん」という必要もない。「醒めていてみている夢やチューリップ」など、「季語」一考を。

黄水仙もう一まはりジョギング  光加

黄水仙の明るい色に励まされて。「一まはり」→「一回り」。

受付の呼鈴金物や厚氷  周作

呼鈴が厚くはった氷に響くよう。「金物」に「カネ」とルビが付いているが、無理がある。「受付の呼鈴ひびく厚氷」。

鳥の絵の小鉢に盛らん花菜漬  隆子

「花菜漬」が鮮やか。

三月の「カフェきごさい」の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛し和え」花「勿忘草」です。

土筆ん坊寅さんを待つ風の中  光枝

カフェネット投句(二月)飛岡光枝選

【特選】

豆を撒く飼ひ馴らしたき鬼もゐて  涼子

豆で鬼をおびき寄せている?!空恐ろしい一句。原句は「飼い馴らしたき鬼もゐて豆を撒く」。

幼子は小さき籠に土筆摘む  弘道

一心に土筆を摘む子供。原句の「幼子と小さき籠に土筆摘む」ではただの報告になってしまう。

【入選】

面影は花すかんぽの色に褪せ  隆子

「すかんぽ」にはなつかしい響きがある。

無防備の土筆一本風に立つ  隆子

確かに土筆の様子は無防備。原句は「無防備の土筆一本胸の中」。

忘れえぬ人の数々土筆和  弘道

原句は「忘れえぬ景の数々土筆和え」。より焦点を絞ること。

土手にはや土筆出たぞと理髪店  周作

髪結床の噂話。春のにぎやかさが伝わってくる。原句は「土手にはや土筆出たぞや理髪店」。

菜の花に地蔵隠れし櫓かな  周作

いつもなら櫓から見えるお地蔵さま、今は菜の花が揺れるばかり。

粕汁や岸壁に舞ふ波の花  涼子

きびしい厳冬の景と湯気を上げる粕汁と。過不足ないしっかりとした一句。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」1月

1月の兼題は「カフェきごさい」のサイトより、「餅」「餅花」です。

【特選】

餅花や飛騨の大雪気にかかり  光加

目の前で揺れる餅花と飛騨に降る雪。理屈ではない。原句は「餅花や飛騨の積雪気にかかり」。

餅花やあらたまの日々弾ませて  涼子

新しい年の新たな日々が、まるで餅花のように弾んでいる。

とんどの火宇宙船より見へるらん  弘道

宇宙ではなく宇宙船と言ったことで、実感がある句となった。「見ゆるらん」。

ゆであげて雪の白さの白魚かな  隆子

湯気と雪と白魚の白。

【入選】

寒蜆あひ照り合うて盛られをり  隆子

「盛られをり」一考を。

着ぶくれの中分けゆくや土俵入り  光加

「着ぶくれの人を分けゆく」。

海山の幸を田の字にお重詰  隆子

「海山の幸」が目出度い。

探梅や酒一本を懐に  弘道

うすら寒い季節の楽しみ。

初声やさねさし相模の浪間より  涼子

「さねさし相模」が囃調子でめでたい。

丸餅を焼けば怒れる玉となり  今日子

丸餅だから玉となるという理屈を抜けたい。

ふれあつて霰の音や餅の花  隆子

ぱらぱらと音をたてる餅花。

これがまあ一茶の里の深き雪  弘道

「一茶の里か雪深く」という形もある。

門松を飾りに帰る父母の家  今日子

「父の家」「母の家」もあり、一考を。

大寒や白湯一口のうまさかな  稲

身体に染み入る白湯の味。「大寒の白湯一口のうまさかな」「大寒や白湯一口のうまきこと」。

聞き上手話し上手や雪列車  弘道

「雪列車」が少々強引だが様子はよくわかる。

挟み得てのつぴきならず粥柱  隆子

「挟み得て」が大げさ。「挟みあげのつぴきならぬ粥柱」。

2月の兼題は「今月の季語」節分、「今月の料理」酒粕、「今月の花」土筆です。

餅花をゆらして春は来たりけり  光枝

福島光加さん 花のデモンストレーションのお知らせ

「カフェきごさい・今月の花」担当の福島光加さんによる、いけばなのデモンストレーションが開催されます。草月流本部講師・師範会理事として国内外で活躍する光加さん。観客から見て正面になるように後ろから花をいける「後ろいけ」は必見です。(光枝)

【春の小さなデモンストレーション】

〈日 時〉 3月3日(金)18:30~
      3月4日(土)17:00~
〈会 場〉 「原宿ピアザビル」地下
      渋谷区神宮前4・26.18
      *「明治神宮前駅」出口5 徒歩1分
〈会 費〉 各回 2,000円
      予約 KOKAF1107@l.SOFTBANK.JP
      (当日の参加も可能です)

カフェネット投句(1月) 飛岡光枝選

【特選】

一休の腰に挿したる餅の花  周作

一休にこのような逸話が残っているのかは知らないが、さもありなんという風情。「めでたや めでたや」と里を歩き回る姿が目に浮かぶ。

初夢や花びらもちに包まれて  弘道

花びら餅の白妙の布団にくるまれて見る夢はどんな夢だろう。「初夢」「花びら餅」と季語がふたつあるので「夢をみる花びらもちに包まれて」とすることも考えられるが、この句の「初夢」は動かしがたい。平仮名を多用したことも柔らかな句の内容と合っている。

【入選】

新しき大地のごとく鏡餅  今日子

鏡餅を大きく捉えた新年らしい一句。ただ、大地はもっと広々したものなので一考を。

炉語りは疎開のはなし餅の花  涼子

しみじみと昔の話を聞くのも正月ならでは。「炉語り」が「はなし」とダブる。「婆に聞く疎開のはなし餅の花」など。

初富士へ転舵する船大飛沫  涼子

初富士らしい大景。「転舵」「船」もダブり。「初富士や面舵いつぱい大飛沫」など。

うれしさの弾けしだれて餅の花  隆子

新年の喜びを餅花に託して。

華やげる餅花くぐり客席へ  弘道

「客席へ」がいかにも説明。「華やげる餅花くぐり三番叟」など。

天井の餅花影を散らしけり  周作

位置関係が曖昧。「天井に」。

【投句より】

・「太箸を子供二人がもてあまし」

「二人」がこの句では必要かを考え、この字数を言いたいことに近づくように使いたい。

・「初湯浴み肉やはらかく放たれし」

「放たれし」がわかりにくい。解放感を言いたいことはわかるがより具体的に。「湯浴み」がもったいぶった印象になり、「初」が効いてこない。「初風呂」「初湯」で十分。

・「凍み餅はくだけて霜の花のごと」

「霜の花」は霜のこと。「凍み餅」がなんでそんなに粉々になるのか映像が結ばない。

・「餅花の影軽やかに揺らぎけり」

「軽やか」に「揺らぎ」は合わない。「軽やかに揺れにけり・揺れてをり」。辞書では「揺らぎ」は「ゆれる、ゆれ動くこと」と出ているが、「揺らぎ」と「揺れる」の言葉の風合いの差を感じて使い分けることが大切。