Category Archives: 今月の花

今月の花(三月) 勿忘草

英語でforget-me-not と呼ばれ、私を忘れないでという意味を持つ勿忘草(わすれなぐさ)は、ヨーロッパが原産です。日本で鉢植えや切り花で見かける勿忘草は、むらさき科のえぞむらさきという日本に自生していた植物の園芸種であることが多いのだそうです。ヨーロッパの勿忘草の学名はmyosotis scorpioidisで、頭につくmyosotis は、えぞむらさきの学名にもつきます。渡来の折「forget-me-not」はそのまま勿忘草と和訳され、幾種類かあるこの花の総称となっています。

改良され、なかには花の色が薄いピンクや白もありますが、代表的なものは春に咲く直径1センチにも満たない薄いブルーの花です。5弁の花弁を持ち、中央が黄色でぽちっと小さな目のような黒があり、高さはせいぜい30センチくらいです。

名前の起源は諸説あります。そのひとつが、水辺で美しい花をみつけた若者が恋人に取ってあげようとして誤って落ちて亡くなり、その時に「私を忘れないで」と言ったという物語。そのことからこの花の名前には誠実さとロマンチックで愛らしいイメージがあり、多くの詩や歌に登場し映画の主題歌になったこともあります。

イタリア民謡に「わすれなぐさ」(Non ti scordar di Me)があります。作曲は「帰れソレントへ」などで知られるエルネスト・デ・クルテイス、作詞はフルノ・ドメニコです。三大テノールと呼ばれたプラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、そしてルチアーノ・パヴァロッティ。この3人も「わすれなぐさ」をよくコンサートで歌っていました。ドミンゴとカレーラスはスペイン出身ですが、パヴァロッティはイタリアのモデナ出身。パヴァロッティがこの世を去った時、追悼のコンサートでドミンゴは黒の上下、カレーラスは白いドレスシャツに黒いネクタイをして二人でこのイタリア民謡を情感をこめて歌い、聴衆の万雷の拍手を受けました。

イタリア語でわすれなぐさはmiosotideで、学名の一部で呼びますが、もうひとつの名前はnontiscordardime,つまり歌と同じnon ti scordar di me まさに私を忘れないでという名前です。長い間のライバルで良き友でもあった二人からこの歌をささげられた巨漢のパヴァロッティは泉下で両手を大きく広げて喜んだことでしょう。

イタリアでは、勿忘草は日本の「敬老の日」にあたる10月2日の「祖父と祖母の日」に贈られる花だそうです。ということは、かの地では春の花ともいえないのでしょうか。(光加)

今月の花(二月)土筆


気持ちのよい陽のさす多摩川の土手に立ったことがあります。終戦後十年くらいの春まだ浅い日でした。

「あら、土筆!」という母の声に振りかえると、冬枯れの光景のなか薄い緑の芽を出し始めた土手の草むらのなかから、つんと出た植物を見つけました。それは薄茶色の帽子をかぶった土筆でした。言われて気が付けばあちらにもこちらにも。

長さは六cmから長いものでも十二~三cmくらいだったでしょうか。母は土筆を見つけては摘み、下げていた布の袋に入れていきました。「油いためにしよう!家に帰ってからここはとるけれど」と土筆の頭の下の節のまわりにある、葉のようなものをていねいに取り除きました。真似をしてあちこちで土筆を摘んだ私の指は、たちまち土や草のあくのようなもので汚れました。引き抜こうとした時、土の香りがたったことをかすかに覚えているのは、前日かその前の日に雨が降ったからだったでしょうか。

緑色をしたスギナがでると土筆はどこに消えたのだろうと思ったものですが、実は同じ地下茎から出ています。胞子茎からは土筆が出て、栄養茎からはスギナが出てると知り、不思議に思いました。筆のような形をした土筆と小さな杉の形を思わせるスギナのふたつの植物の形がどうも頭の中で結びつかなかったからです。

土筆はとくさ科に属します。濃い緑色をした木賊のついついと伸びた先端は、色は違うもののあの土筆とそっくりではありませんか。木賊の黒い節のところについている茶色い皮のようなものは葉が退化したものだそうですが、土筆の節のところに木賊よりは少し長い同様のものが出ていて、何本も注意深くむいた記憶がよみがえってきます。

木賊は太古から存在しているといわれています。スギナも地下茎から芽を出すほかに、土筆の頭から胞子もとばして増えていきます。生命力が旺盛で古くから生き延びてきた強い植物のひとつである土筆。土筆を春の初めに食べることで大地からのエネルギーをもらい、何事にも負けないように生きていきたいと、母をはじめ、あの時代の変わり目を経験した人たちは土筆摘みに夢中になっていたのでしょうか。

しかし残念ながら、私にはおいしかったという記憶は残っていないのです。あまりにも飽食の時代に身を置いているからなのでしょうか。(光加)

今月の花(一月)餅花

正月花の稽古の時に松、千両、柳や好みの花と共に餅花をいけるのが私のクラスの正月花の特徴です。

餅花は餅を使った飾りで花餅ともいい、本来は一月十五日の小正月の飾りですが、今では正月から飾られます。まだ緑色を残している枝に食紅で色をつけた直径1㎝くらいのピンクの餅と白の餅が、7~10センチの間隔をおいて交互につけられています。東京の花屋さんではあまり見かけず、師走に入る前に関西に注文をだします。

箱の中から餅花のついた柳の枝を取り出し、縛っている紐を注意深く切って枝を立てると、空間にパッと紅白の餅がちりばめられます。はじける拍子に餅同士の触れ合うコンというかすかな音。餅を付けるのは手作業なので各々の大きさにわずかな差があります。丁寧に扱わないと餅が割れて落ちてしまうこともあります。

花餅をつける枝は地域などによって異なり、柳のほかに水木や榎、ぬるでなどがあります。餅の大きさもまちまちで、まっすぐに伸びたしっかりした枝につけられているものは力強く見えます。しかし私は枝垂れ柳の長い枝につけられ、どこか優しげに垂れかかる姿が好みです。

養蚕の盛んだった地域では米粉で繭の形に作られる繭玉がありますが、これも餅花と同様正月の飾り木の一種です。餅花にしても繭玉にしても家に飾るのは、一年の五穀豊穣を祈り金運に恵まれたいという願いを形にしたものでしょう。

昔は場所によっては小正月が過ぎると枝から餅をとって様々な方法で食べたということです。貴重な食糧になるものを使うので、飾りとはいえ粗末にしないという細やかな気遣いが思われます。(光加)

今月の花(十二月) カトレア

ran師走に入ったころ、テレビの画面の歌謡祭で受賞者たちの胸につけられていたのは大輪の紫ピンクのカトレアでした。直径が15センチもあろうかというその花は、受賞者が挨拶をしたり歌うとき、あたかもつけている人の喜びと緊張を伝えるかのごとく震えるように揺れていました。あれは20年くらいも前だったでしょうか。それ以来私には、カトレアは晴れの日の花というイメージがあります。

カトレアは蘭科に分類され、属名をカトレアといいます。19世紀の英国人ウイリアム カトレ―という蘭の愛好家にちなんでその名がつけられた蘭の一種です。花は中央に上(背)萼片と二枚の側萼片があり、それに二枚の花弁とからなっています。口唇または唇弁(リップ)と呼ばれる突き出した部分があり、その縁はフリル状になっています。カトレアのなかでも代表的な、カトレア ラビアータの「ラビアータ」は口唇のあるという意味、また英名のautumn cattleyaは、秋のカトレアという意味です。花の咲き具合は日照時間に関係があり、元々は日の短くなった秋に咲いていたのでしょうか。今はそれぞれの季節に咲く品種があります。

交配種は様々で、黒とブルーを除き花弁や口唇の色は思いのまま、花のサイズも小さいものから大きなものまであり、数輪の花をつけるものもあります。

短い茎のついた花を高くいけようというときは、その茎を長さ数㎝の水のはいったプラスチック製の筒に差し込み、その下部についている棒の長さを切って調節しなければなりません。高さのある花器の口元にそのままカトレアの短い茎をいれて水を飲ます、ということもできますがいけるときの花の位置はほとんど定まってしまいます。思った通りにいけたいとなると、なかなか厄介な花なのです。

薄ピンクや黄色の小ぶりで優しげなカトレアは、数輪家の中に飾ると気分も華やぎます。ところが大輪の豪華なカトレアが一輪いけてある空間は落ち着きません。蘭の中の女王という孤高のカトレアにじっと見つめられていると一対一で勝負を挑まれているような気がしてきます。

原産地は中南米で、その太く丈夫な根で他の植物の幹や枝、石などにまで着生して肉厚の葉を持つカトレアですから、そんじょそこらの花とはたくましさが違うのです。貫禄の差でしょうか。(光加)

今月の花(11月)南瓜

%e3%81%8b%e3%81%bc%e3%81%a1%e3%82%83%e5%8d%97%e7%93%9cカナダの首都、オタワのダウンタウンにあるマーケット。そこには土産物や手芸品、お菓子や瓶詰などの食料品などを扱う店、そして屋外には果物や野菜を売る屋台に交じり、オレンジ色の大小のカボチャを売るスタンドがありました。購入した人たちはおばけの顔や動物や魔女などを彫り、灯りが入れられて十月末のハロウイーンの夜を飾るのでしょう。

ウリ科の南瓜には大きく分けて西洋カボチャ、日本カボチャ、ぺポカボチャの三種類があります。ハロウイーンに使うオレンジ色の南瓜はペポカボチャで他に緑や黄色、白や縞のあるものなど、形も色も大きさも様々です。食用には煮ると素麺のように実が崩れる金糸瓜(素麺かぼちゃ)、ズッキーニもその仲間です。

ポルトガル船で日本へ渡ったものがカンボジア産のものであったため、「カンボジア」という響きから「かぼちゃ」とよばれるようになったという説もある日本カボチャは、皮が黒く溝があり、料理をすると煮くずれしにくい特徴があります。

西洋カボチャは甘味が強くほくほくとした食感が好まれ、現在日本で出回っている南瓜は、明治の初期に渡来したこの種類が多く、栗南瓜もこの種類です。

夏に花が咲き秋に実る南瓜は秋の季語ですが、冬には冬至南瓜として登場します。冬至に食べれば風邪をひかないといわれ栄養面でも優れています。長く保存ができる南瓜は野菜が乏しい昔の冬には貴重なものでした。現在では南半球のニュージーランド産のものが多く輸入されています。

南瓜はズッキーニに代表されるように黄色い花を食べたり、スープやお菓子にしたりと様々な用途があります。オーストリアの都市、グラーツに行った時も隣国スロヴェニアまで足を伸ばし、カボチャオイルを絞る工場に連れて行っていただき帰りに炒りたての香ばしい種をお土産にいただきました。その南瓜にはかすかに縞があるのですがこれもペポカボチャの一種でしょうか。

ところでこのオタワの市場に来た理由は、この街の花屋さんや花市場には日本に比べて枝や花の種類が少なく、代わりの花材になるようなものを求めて訪れたのでした。早速個性的なペポカボチャの中から鶴首南瓜を手に入れました。かなりの重さがあり、デモンストレーションの舞台ではバランスを見ながら鉄の花器に紅葉した楓と黄色いガーベラ、モカラという蘭といけました。この南瓜が登場したとき、300人の観客の皆さんのオヤ?という反応があり、やがてすぐに笑いが広がっていきました。

「シンデレラ」の物語にも南瓜の馬車が登場しますが、さてそれはどの種類の南瓜だったのでしょうか。

その多様な色と姿に、作品のイメージも食欲も想像力をも掻き立てられる南瓜なのです。(光加)

今月の花(10月)ななかまど

%e3%81%aa%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%a9床の間にいけられたななかまど。紅葉は黄色がかった薄い緑からオレンジ、そして、赤へと移っていき、直径五、六ミリの艶やかな実の房が葉の間からたわわに下がっていました。東京ではななかまどの紅葉を十月末の展覧会でいけることはありますが、それは初秋の、まだ夏を引きずっている九月のごくはじめのことだったので、驚いてそばに寄ってみました。

そういえば北海道で見かけたのは路樹で、実が美しかったこと、葉も紅葉し始めで、あれも八月末くらいだったかと記憶をたどりました。

床の間にいけられたそのななかまどの葉には傷や痛み、枯れたところがないのは、この作品を生けた作家のかたををはじめ、関係者が注意深く毎日手入れをなさっているからでしょう。それにしても、久しぶりに見るあまりにも立派なななかまど、収めたお花屋さんのスタッフの方ににきいてみました。

これは限られた地域の荷主さんから出されたもので、気候も日当たりも山の最適な場所で、きっと特殊な仕掛けをして大事に育てたななかまどだと思うという答えでした。もちろんそれがどこの誰なのか、その花屋さんも直接は知らず場所に行ったこともないそうです。。実際のところ、、雨が当たっても葉の成長のタイミングによっては葉にシミなどを与えます。風も大敵です。よく見ても水分がなくなって丸まっているものはなく、こういうのをプレミアムななかまど、とでもいうのだろうかと私は持っていた携帯で写真を写させていただきました。

ナナカマドは早春、枝に小さな薄緑の葉がお互いをかばうように丸まって出てきて、それがほどけて開いていきます。葉は奇数羽状複葉、つまり先に一枚、あとは細い葉柄に対についています。

春も遅く、枝先についた花は五弁の小さな花弁をもち、たくさん集まって咲くので遠くからみると白い泡が吹いているように見えます。この時期にいける時は、この小さな花弁がはらはらと散りやすいので気を付けなければなりません。

秋につけた赤い丸い実は、鳥に食べられなければ、冬には雪のなか、葉がすっかり落ちた十数メートルにも達する木の黒褐色の木肌とよい色のコントラストとなることでしょう。

ななかまどは七度窯にくべても燃えない、ということで名前が付いたといわれますが、それだけ瑞々しいということなのでしょうか。名の由来には異説を唱える植物学者もいるということですが、新芽のしたたるような緑色を見ると、この名前がつくほど春の水分を吸って芽吹く美しさからも来ているのかとも思います。ほかに雷電木(らいでんぼく)または雷電(らいでん)という名前でも知られています。(光加)

今月の花(9月)おやまぼくち

デモンストレーションの花材として持ってこられたなかに、見慣れぬ名前がありました。珍しいからと花屋さんが追加して入れてくれたものでした。

それは切り取られているからか、長さはせいぜい40cmくらい。一本の茎からまた何本か茎がでていて、その色は白色がかった緑で、触ると毛足のごく短いベルベットのようでした。やわらかい布のような感触の葉の表は明るい緑ですが、裏は茎とおなじような白が勝っている薄い緑色でした。3-4cmほどのころころとした花はと、よく見ようとすると、何かチクチクと手にさわります。それはたくさんある花弁の先が尖っていたからでした。

大量に栽培された花にはない「おやまぼくち」の野趣のあるこの表情には心惹かれます。

「雄山火口」と書いて「おやまぼくち」と読みます。「やまぼくち」という近縁の植物があり、それに比べると雄々しいのでこの名がついたということですが、名に反して勇ましい威張った姿ではなく花の頭はつつましく下を向いて咲いているのです。

「おやまぼくち」は「のあざみ」の一種で、キク科と聞けばなるほど花弁の密集した集まり方は菊と共通のものでした。蕎麦の産地の長野県では、この「おやまぼくち」の葉の繊維をつなぎに入れて使うところもあるそうです。その葉の色から「うらじろ」、また「やまごぼう」と呼ぶ地方もあると聞き、きれいな空気をたくさん吸い込んだ山のふもとの植物にますます魅せられました。

「あざみ」は春の季語ですが、あざみには種類がたくさんあり春から秋まで咲くいろいろなあざみがあるそうで、「おやまぼくち」の花は夏から秋にかけて咲きます。

ちなみに「ぼくち〈火口〉」は火打石から初めに燃え移らせるものを意味するそうで、「雄山火口」もその下を向いた花の姿からは想像できないくらい、乾いた葉はきっと火をうけてパッと燃え上がるのでしよう。その時こそ、この植物がその名にふさわしいと思えてくるのかもしれません。(光加)

今月の花(8月)もみじあおい

kousyokki避暑先の高原に届いたのは、東京で留守を守る父からの葉書でした。そこには子供にも読めるようにきちんとした大きめの字で、まず「もみじあおいがさきました」とありました。

もみじあおいは、東京の家の庭の隅でほかの草花に交じり少し窮屈そうに伸びていました。やがて私の背丈くらいになり、丸い蕾がつきました。蕾の先はとがり、その周りを髭のように囲むのは後から考えると萼(がく)だったのでしょうか。ともかくほかの蕾とはちがう、と観察しながら思ったものです。高原に出発する日、蕾はまだ開かなかったのですが赤い色を少しだけのぞかせていました。

もみじあおいはその名のとおり、葉の形がもみじに似ているためつけられた名前です。もみじの葉と比べるとぐっと深く切れ込んでいますが、その切れ目のせいか風を通して軽々と涼やかです。

名に「あおい」とつくとおり、アオイ科でふよう属に属します。学名はHibisucus Coccineus。夏に咲くハイビスカスと近縁ということがこの名前からもわかります。花の中央にしべが長めに出ているところもハイビスカスと同じです。

もみじあおいの中国名の紅蜀葵はそのまま日本で(こうしょっき)と読むようになり、この花のもうひとつの名前となりました。

満開になると直径が15~18cmにもなる花は、5枚の花弁を従えてほとんど水平に近く開きます。花びらの表面には線があり、さらりとした質感を目に与える紅色の一日花です。

強烈な夏の日差しのなかで精一杯咲いている花々の中でもこの花は特に気品があり、どこか南の国の王族の浴衣にありそうだ、と童話が好きだった私はながめていました。

毎日暑い中でこちらも東京で頑張っているよ。自分を表すのが苦手な父が、もみじあおいに重ね合わせて葉書を書いたのではと大人になってふと思ったものです。(光加)

今月の花(7月)黒百合

kuroyuri-pl玄関の棚の上に黒百合をいけていると、母が汗を拭きながら外出先からもどってきました。高校生の私がその珍しい花に選んだ器は灰色の小さな扁壺のようなものでした。「あら、黒百合、品のいいこと!」そう言いながら母はいけている私の後ろをすりぬけていきました。アイロンのきいた麻のハンカチに、いつものように一滴だけ浸み込ませた(夜間飛行)のコロンの香りが微かに残っていました。

この時の涼しげな香が思い出されるくらいで、私には黒百合そのものの香りは全く記憶にありません。それは黒百合がユリ科の中でもユリ属ではなく貝母属だからと知ったのはずっと後になってからでした。15cmから35cmくらいの長さの茎の先に数輪うつむいて咲く3cm余りの花の香は、実はかぐわしいとはいえないのです。

黒百合は本州北部から北海道にかけて自生しています。高山を歩く人たちも見つけるとなぜか良いことがあるような気がするのでしょう、古くから歌や詩にも登場していた黒百合ですが、北海道に住む知人は昔はよく見かけたけれど最近は全く目にしない、と言っていました。それでも6月頃になると栽培された花の鉢植えや切り花をごくたまに花屋でみかけることがあります。

花弁は黒といっても、臙脂や紫といった色も混ざった黒で、内側の花弁には網目模様があります。

貝母属で代表的なばいも(貝母)は小さな薄緑色の花びらの内側に網目模様があるところは黒百合と同じです。網目の色は薄紫で編笠百合という別名があります。細い葉は先が巻いていて黒百合と同じく茶花として人気が高いのです。

近頃ではチューリップやカラーのように花びらが黒色に近いものが園芸種として栽培されますが、大自然の中で咲いている黒い花は格別な魅力を持っています。今頃北国の澄んだ空気のお花畑では、やっと迎えた夏を謳歌している花々のなか、黒百合はその独特な色と存在感でその光景に小さなアクセントを与えて咲いていることでしょう。

都会でも夏の鮮やかな色合いや白い色を全身で楽しむ一方、ほてりを鎮めるような静かで落ち着いた黒っぽいものにも惹かれます。黒い扇子で煽ぐと感じ取るのは遠くから忍び寄る秋の気配。黒アゲハもゆったりと舞っているこの頃です。(光加)

今月の花(6月)ミント

002004001         ドイツのフランクフルト郊外の貸農園はライラック、八重桜、藤、チューリップ、ジャーマンアイリスなどが競って咲いていました。農園は150区画ほどありました。その一画を借りているSさんは彼女のいけばなの師T先生から私が日本から来ると聞き、デモンストレーションの花材に使える植物があれば自分の庭からどうぞ、と申し出てくださったのです。

庭の中央にある道具小屋には小さなキッチンと小型の冷蔵庫もあり、心地よい陽ざしのなか木を組んだベランダにいると、お茶が運ばれてきました。一瞬、遠来の私に日本茶をいれでくださったのかと思ったのは、白いカップの中に色鮮やかな緑を見たからです。でもその思いはすぐに独特のさわやかな香りに打ち消されました。ミントテイ―でした。まろやかな、すっきりした口当たりでした。

前の持ち主から庭を譲られた時、これは特別なミントだと説明されたそうです。甘露という言葉がぴったりな味に、ハチミツなどを足したのかしらと聞けば、何も!さっき摘んで熱湯に入れただけ、と肌が透き通るように白いS夫人の答えでした。後に日本で写真を見てもらうとアップルミントの一種ではということ。ミントには薄紫の小さな花も咲きます。

少し湿った土を好むシソ科の和種薄荷は日本でも昔から薬用に使用されてきました。欧州のミント類ではウオーターミント(水薄荷)とスペアミント(オランダ薄荷)の交配種のペパーミントやバナナ、パイナップル、グレープフルーツ、オレンジなどフルーツの香りがするミントやクールミント、ハーブキャンディに用いられるスイスリコラミントなど数百種類もあるそうです。使い方は多様で、メントールを含む精油や入浴剤、歯磨き、ガムやお菓子、お茶、またアイスクリームの上には葉がアクセントとして飾られ、お酒ではカクテルのモヒートに使うとおっしゃる方もあります。

フランクフルト近くでは二週間前は雪も降ったそうです。そんな天気の変化にもかかわらず季節は春から初夏に移っていくのを我慢しきれず勢いよく伸び、萌えたつような緑の葉をつけたミント。

この頃日本では新茶が出回りはじめます。今年一番に私が新茶を味わったのは5月のドイツでのミントテイ―、ともいえるでしょうか。(光加)