Category Archives: à la carte (アラカルト)

2016最初の「きごさい+」は和菓子です!

次回の「第5回きごさい講座+句会」は来年2016年1月17日に横浜で開きます。ふるってご参加ください。

日 時:2016年1月17日(日)13:30〜16:30(13:10 開場)
    13:30~14:30 講座 
    14:45 投句締切(当季雑詠5句)
    14:45~16:30  句会
会 場:神奈川近代文学館・中会議室(横浜市、港の見える丘公園)
    〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666
    みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分
    http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/
演 題:和菓子における梅の魅力
講 師:中山 圭子(虎屋取締役 虎屋文庫専門職)東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。四季折々の和菓子のデザインの面白さにひかれて、卒論に「和菓子の意匠」を選ぶ。現在、和菓子製造販売の株式会社虎屋の資料室、虎屋文庫の専門職、虎屋取締役。著作に「事典 和菓子の世界」(岩波書店) 「江戸時代の和菓子デザイン」(ポプラ社)、「和菓子のほん」(福音館書店)など。
一 言:寒中にあって、春の訪れを告げる梅の花。その美しさや芳香は古来、日本人を魅了してきました。和菓子のモチーフとしても、梅は桜や菊と並び、大変人気があります。今回は、梅をイメージした菓子がいつ頃から作られるようになったのか、どのような銘や意匠があるのかなど、画像を使いながら、お話したいと思います。(中山圭子)       
句 会:当季雑詠5句(選者=中山圭子、長谷川櫂)
参加費:きごさい正会員1,000円、非会員2,000円

■お申し込みは電話、ファクシミリ、またはこちらから。もちろん申し込みなしでの当日参加もできます。
 きごさい事務局  TEL&FAX 0256-64-8333

次回以降の予定
■第6回きごさい講座+句会
日 時:4月17日(日)13:30~16:30(開場13:10)
会 場:神奈川近代文学館・中会議室(横浜市、港の見える丘公園)
講 座:日本に魅せられたプラントハンターとシーボルト(講師=西川遊歩、大岡信研究会会長)
句 会:当季雑詠5句(選者=西川遊歩、長谷川櫂)
■第7回きごさい講座+句会
日 時:7月3日(日)13:30~16:30(開場13:10)
会 場:神奈川近代文学館(予定)
講 座:家族で楽しむ俳句 ~七つの扉~ (講師=山本新、日本学校俳句研究会幹事長)
句 会:当季雑詠5句(選者=山本新、長谷川櫂)

〈花仙の会 2015秋の巻〉速報

きごさい特別イベント「花仙の会 2015秋の巻」。第一回の本年2月春の巻より多くの方に参加いただき、昨日開催いたしました。福島光加さんの目の覚めるような秋のいけ花にみなさん果敢に俳句を付け、花6作品俳句6句の「花仙」が巻き上がりました。近々写真とともに、ご報告申し上げます。(光枝)

a la carte   踊

odori京都の伝統行事である五山の送り火は、八月十六日の午後八時から点火されてゆきます。その送り火の一つに、松ケ崎の「妙法」があります。松ケ崎にある涌泉寺(日蓮宗の寺院)では、八月十五日と十六日の夜、「題目踊」と「さし踊」が行われます。

盆踊というと賑やかなイメージがあったのですが、「題目踊」は、古式ゆかしく静かな踊です。男衆と女衆が向き合って「南無妙法蓮華経」と呼応しながら、しみじみ唄う中、檀家の人々が、揃いの浴衣を着て、前傾姿勢で扇子を膝のあたりで表裏表裏と返しながら、時計回りと反対方向にひたすら進みます。

「さし踊」は楽しそうな唄で振付もあります。飛び入りもOKなので、外国の方も手振りを真似て踊ります。「さし踊」は、時計回りに進みます。

十五日と十六日は、同じ踊でも雰囲気が少し違うように感じました。十五日は午後八時から踊り始めます。踊の輪の中に入り、心地よく精霊も踊っておられるように感じました。

十六日は、送り火が終わった後、午後九時ごろから踊り始めます。唄の哀感が印象に残り、彼の世に帰る精霊との別れを惜しんでいるようでした。

お盆も終わり、朝夕は秋の気配です。(洋子)

踊りつつ精霊帰る虚空かな    洋子

a la carte 盆用意

bonyoui今年もお盆が近づいてきた。お盆を迎える準備といっても、我が家の仏壇は家具調の小さなものなので、いたってシンプルな飾りつけである。

蓮の葉の上に季節の野菜を盛り、果物、盆のお菓子をお供えする。亡き父母はじめご先祖様たちの、彼の世から此の世への旅を労い、好物でくつろいでいただこうと思う。

お父さんは茄子が好きで、お母さんは南瓜が好きだったなとか、飾りながら思い出すこともある。先祖をずっと遡ってゆくと、皆どこかで繋がっていると毎年お盆の時に思う。

近年、両親だけでなくお世話になった先輩方が亡くなられ、生死について考える機会が増えた。お盆の間は、とにかく暑い。これは、亡き人々を迎え人口密度が倍以上になったからではないかと思う。この生者死者の交流できる貴重な期間を大切にしたい。そして、しっかり生きようと思う。(洋子)

朝採りの茄子に胡瓜や盆用意   洋子

a la carte 梅干す

ume猛暑が続いています。
熱中症や夏バテになりそうな私たちには堪える強烈な日射しも
紫蘇漬けにした梅を干すのには絶好のお天気です。
紫蘇で赤く染まった梅を、壺からひとつひとつ取り出し
重ならないように、笊の上に並べます。
時々裏返しながら
二日ほど風通しの良い、日光の当たる場所に干すと
ほどよく水分が抜けて皮が柔らかくなり美味しそうな梅干しになります。
手作りの梅干しは塩分の調整ができ、このまま食べたり
魚を煮るときや、ドレッシングに入れたりと活躍しそうです。
(真知子)
干梅のひとつひとつに陽のぬくみ   真知子

a la carte 鹿の子

sika鹿の子が生まれる季節になりました。

先日、訪れた厳島にも沢山の鹿の子の姿がありました。神の島である厳島には、昔から「神の鹿」と呼ばれる野性の鹿がいます。

観光客の食べ物やパンフレットを食べてしまう鹿もいますが皆に愛されています。

生まれてすぐに、立ち上がる鹿の子は愛らしくも、たくましく無邪気に母鹿の後をついて歩く姿に、思わず笑顔になりました。無事に大きく育ってほしいと願うばかりです。(真知子)

 

鹿の子は母を忘れて駆けにけり  真知子

a la carte 伊勢参

!cid_image001_jpg@01D07186
先日、二十年ぶりに伊勢参りに行ってきました。

江戸時代、伊勢講などの団体を作り、積み立てた費用で伊勢参りをするのが盛んになりました。一生に一度は伊勢参りをしたいというのが庶民の願いでした。

伊勢参りといえば上方落語に、【伊勢参宮神の賑】があります。道中記としていくつもの話が続くのですが、「東の旅」(発端)では、「お伊勢はんという神さんが、えらい陽気好きでござりまして・・・旅は秋春とよう申しますが、どうしても春先の方が、工合がよろしいようで・・・暑うなし寒うなし、菜種や蓮華草が咲いていようか、空には雲雀がチュンチュンさえずっていようか・・・」というような陽気に誘われ、二人のずぼらな男が伊勢参りに出かけてゆくという、にぎやかな前座ばなしになっています。

次の日の句会にそなえ、この度の参宮では、よい句が授かりますようにとお願いをしました。神だのみするより自分でがんばりなはれと言われそうですが。天気にも恵まれ、遷宮を終えた美しい神宮に参る喜びはひとしおでした。

お参りの後は、てこね鮓、伊勢うどん、赤福と伊勢茶など名物をお腹いっぱい食べました。「神より団子」といわれそうではございますが。(洋子)

落語「東の旅」の

清やん喜ィ公と一緒や伊勢参   洋子

 a la carte _晩白柚(ばんぺいゆ)

2015012421560000.jpg  晩白柚は朱欒(ざぼん)の品種のひとつです。大きいものは直径25センチ以上、重さが2キロ以上もあり幼い子供の頭ほどの大きさで世界最大の柑橘類といわれています。三月末ごろまでが食べ頃です。 日持ちが良く、部屋の中に置いておくと 部屋にお日様があるかのように明るく感じ ほのかに良い香りがします。 皮を剥くと3センチほどの分厚い白いわた包まれた実が 出てきます。 爽やかで上品な甘さの果実です。 皮はお風呂に浮かべると良い香りがし、厚いわたは 砂糖で煮て、お菓子にしたりします。   (真知子)

晩白柚赤子抱くごと持ち帰る       真知子

à la carte  聖菓

image00112月25日は、キリストの降誕を祝う日です。ひと月も前から、人の集まるところにクリスマスツリーが飾られ、師走の街が華やぎます。

教会の前を通ると、遠い日のクリスマスの記憶が甦ってきます。プロテスタントの幼稚園に通っていたので、降誕祭の劇を園児たちで演じていました。私は、天使三人のうちの一人で、せりふは一言だけでした。それでも、ドキドキして舞台に立っていました。

無事に劇を終えたクリスマスの夜は、母が作ったばらずしと、近くのケーキ屋さんで買ったクリスマスケーキが待っていました。丸いバタークリームのクリスマスケーキにはかわいい飾りがいろいろ付いていて、わくわくしたものです。妹より先にお目当ての一切れをとれるかどうか必死でした。

今は生クリームとフルーツのおしゃれなケーキが人気ですが、あの日のバタークリームのケーキをもう一度食べてみたいと思います。(洋子)

聖菓切る母の手元を見つめをり   洋子

à la carte 胡蝶蘭

kotyoran選挙の折、候補者が当選したとたん次々とお祝いの花の注文が花店に舞い込みます。こんな時、議員事務所に運び込まれる花鉢は、何輪もの花が豪華にたれさがる胡蝶蘭が多いのです。

この花は属名「phalaenopsis」をそのままをあてはめ、「ファレノプシス」とも呼ばれます。花びらの色は白やピンク、また、小ぶりのものではそのほかにも黄色や緑がかったものなどの園芸種も見かけるようになりました。リップといわれる中心にある唇弁は3つにさけ、白の元に黄色が入ったもの、ピンク色や赤に近いピンクもあります。

この英名はMoth orchid「モス オーキッド」、直訳すれば「蛾の蘭」です。

多数ある蘭の中でも花びらが平たく開くのでこの名前がついたようで、蛾では日本人には違和感があるのか和名は胡蝶蘭となっています。花のつき具合、大きさにもよりますが、東京の花店で見かけるものは一本が八千円から一万円で、鉢に3本立ち、5本立ち、となれば、この鉢は、大体このくらいの値段とわかり、自分では決して買わない花です。

南半球の国から国賓として来日の大統領か首相のご夫人だったでしょうか。随行団の中には報道の方たちもおいででした。お迎えした部屋で私が数作いけた後、竹を土台とした背丈ほどあるフィナーレの作品に「この作品を仕上げていただけませんか?どこに入れましょう」と純白の大輪の胡蝶蘭をお持ちしました。じっと見ておられたスーツ姿の夫人はさっと立ちあがり、中央のくりぬかれた竹の中に「ここかしら?」と入れられたのです。カシャカシャカとプレスたちのカメラのシャッターを切る音が響き、声がかかりました。「マダム、そのまま花の近くで、もう一度お願いします。」垂れかかる胡蝶蘭に手をそえてカメラに微笑む夫人の濃いめの色の肌に、白い胡蝶蘭がなんと映えたことでしょう。

白い花の花びらは奥に向かって透き通っていくような白さを持つものと、同じ白でも光を集めて強く跳ね返して輝くものがあります。胡蝶蘭はその後者にあたると、この時強く実感しました。夫人の美しさをより際立たせ、胡蝶蘭自身も光を放っているように見えたのです。花と花との取り合わせはよく言われますが、それは花と人とにもある、この蘭を選んでよかったと、私は夫人と並んでカメラに収まったのです。(光加)