a la carte   踊

odori京都の伝統行事である五山の送り火は、八月十六日の午後八時から点火されてゆきます。その送り火の一つに、松ケ崎の「妙法」があります。松ケ崎にある涌泉寺(日蓮宗の寺院)では、八月十五日と十六日の夜、「題目踊」と「さし踊」が行われます。

盆踊というと賑やかなイメージがあったのですが、「題目踊」は、古式ゆかしく静かな踊です。男衆と女衆が向き合って「南無妙法蓮華経」と呼応しながら、しみじみ唄う中、檀家の人々が、揃いの浴衣を着て、前傾姿勢で扇子を膝のあたりで表裏表裏と返しながら、時計回りと反対方向にひたすら進みます。

「さし踊」は楽しそうな唄で振付もあります。飛び入りもOKなので、外国の方も手振りを真似て踊ります。「さし踊」は、時計回りに進みます。

十五日と十六日は、同じ踊でも雰囲気が少し違うように感じました。十五日は午後八時から踊り始めます。踊の輪の中に入り、心地よく精霊も踊っておられるように感じました。

十六日は、送り火が終わった後、午後九時ごろから踊り始めます。唄の哀感が印象に残り、彼の世に帰る精霊との別れを惜しんでいるようでした。

お盆も終わり、朝夕は秋の気配です。(洋子)

踊りつつ精霊帰る虚空かな    洋子

Bookmark the permalink.

Comments are closed.