今月の花(10月)ななかまど

%e3%81%aa%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%a9床の間にいけられたななかまど。紅葉は黄色がかった薄い緑からオレンジ、そして、赤へと移っていき、直径五、六ミリの艶やかな実の房が葉の間からたわわに下がっていました。東京ではななかまどの紅葉を十月末の展覧会でいけることはありますが、それは初秋の、まだ夏を引きずっている九月のごくはじめのことだったので、驚いてそばに寄ってみました。

そういえば北海道で見かけたのは路樹で、実が美しかったこと、葉も紅葉し始めで、あれも八月末くらいだったかと記憶をたどりました。

床の間にいけられたそのななかまどの葉には傷や痛み、枯れたところがないのは、この作品を生けた作家のかたををはじめ、関係者が注意深く毎日手入れをなさっているからでしょう。それにしても、久しぶりに見るあまりにも立派なななかまど、収めたお花屋さんのスタッフの方ににきいてみました。

これは限られた地域の荷主さんから出されたもので、気候も日当たりも山の最適な場所で、きっと特殊な仕掛けをして大事に育てたななかまどだと思うという答えでした。もちろんそれがどこの誰なのか、その花屋さんも直接は知らず場所に行ったこともないそうです。。実際のところ、、雨が当たっても葉の成長のタイミングによっては葉にシミなどを与えます。風も大敵です。よく見ても水分がなくなって丸まっているものはなく、こういうのをプレミアムななかまど、とでもいうのだろうかと私は持っていた携帯で写真を写させていただきました。

ナナカマドは早春、枝に小さな薄緑の葉がお互いをかばうように丸まって出てきて、それがほどけて開いていきます。葉は奇数羽状複葉、つまり先に一枚、あとは細い葉柄に対についています。

春も遅く、枝先についた花は五弁の小さな花弁をもち、たくさん集まって咲くので遠くからみると白い泡が吹いているように見えます。この時期にいける時は、この小さな花弁がはらはらと散りやすいので気を付けなければなりません。

秋につけた赤い丸い実は、鳥に食べられなければ、冬には雪のなか、葉がすっかり落ちた十数メートルにも達する木の黒褐色の木肌とよい色のコントラストとなることでしょう。

ななかまどは七度窯にくべても燃えない、ということで名前が付いたといわれますが、それだけ瑞々しいということなのでしょうか。名の由来には異説を唱える植物学者もいるということですが、新芽のしたたるような緑色を見ると、この名前がつくほど春の水分を吸って芽吹く美しさからも来ているのかとも思います。ほかに雷電木(らいでんぼく)または雷電(らいでん)という名前でも知られています。(光加)

Bookmark the permalink.

Comments are closed.