今月の季語(十二月) 冬の衣(2)

kakumaki01
先月のクイズの答えは「綿(わた)」でした。毛は違うのか、革は候補にならないのか、などなど楽しい意見交換ができました。今月はそれらをまとめて続編としてお届けします。

「綿(わた)」はこのままで冬の季語として使えます。「毛」と「革」は語を足して冬の季語になります。どんな語を足せばよいでしょう。

毛をウールととらえれば、それを紡いで糸にした〈毛糸〉、着用できる形に作り上げる行為である〈毛糸編む〉、その結果できあがった〈セーター〉〈マフラー〉〈冬帽子〉〈手袋〉など、実に多くの冬の季語につながります。

毛糸屋にわが好む色ひとも買ひぬ    及川 貞

ひとときは掌の中にある毛糸玉      黛まどか

寄せ集めだんだら縞の毛糸編む     野見山ひふみ

女性ばかりでなく男性も毛糸を詠んでいます。例えば、

毛糸玉幸さながらに巻きふとり      能村登四郎

毛糸編はじまり妻の黙はじまる      加藤楸邨

プレゼント大きく軽し毛糸ならむ       松本たかし

ここに挙げた男性俳人はどうやら「編み物王子」ではなさそうです。男性自らが編む主体となって詠むと、どんな句ができるのでしょうか。今後に期待したいところです。

セーターの鎖の模様胸を逸れ        宇多喜代子

逢ひに行く緋のマフラーを背に刎ねて  辻田克巳

冬帽のやはらかなるを鷲摑み        鷹羽狩行

ふかふかの手袋が持つ通信簿      井上康明

〈黒手套嵌めたるあとを一握り  岡本 眸〉の黒手套はおそらく布製でしょう。衣類や小物類は毛糸で編み上げたものとは限りませんが、近い雰囲気を持つ句を選んでみました。素材感まで詠み込めることを味わってみましょう。

「革」も同様に〈革手袋〉〈革ジャンパー〉〈革コート〉〈革足袋〉など、防寒のための素材として使われると冬の季語になります。また毛がついたまま鞣した〈毛皮〉も冬の季語です。

洞窟に似し一流の毛皮店          大牧 広

人形の手に正札や銀狐            星野立子

〈毛布〉も羊毛などで織った防寒用の寝具や膝掛けを指す冬の季語です。毛より〈布団・蒲団〉の仲間として認識していそうですが。

毛布にてわが子二頭を捕鯨せり      辻田克巳

ダリ展の隅の監視の膝毛布          冨田正吉

余談ですが、人の毛髪にも冬の季語があります。髪は四季を問わず生え変わりますが、この時期の抜け毛を木の葉が散るのになぞらえて〈木の葉髪〉と呼ぶのです。

音たてて落つ白銀の木の葉髪       山口誓子

指に纏きいづれも黒き木の葉髪     橋本多佳子

先月のクイズはまだまだ発展形が考えられます。他の季節の歳時記もひっくり返して、探してみてください。(正子)

Bookmark the permalink.

Comments are closed.