朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」11月

11月の兼題は、サイト「カフェきごさい」より、季語「冬の衣」料理「白和え(柿)」花(植物)「南瓜」です。

【特選】

オーバーは母の形見や穴ひとつ  涼子

穴を見るたびに蘇る面影。「形見や」の切れ一考。「オーバーや母の残せし穴ひとつ」など。

先づは燗店のざわめき聞きながら  守彦

馴染みの店だろう。「先ずは燗」がいい。

大雪となりし初雪首都ちぢむ  涼子

下五が残念。上五中七を活かす取り合わせに。

【入選】

散紅葉茅葺き屋根の蒸気せり  今日子

紅葉が散る頃の冷たい空気感が出ている。「散紅葉茅葺き屋根は蒸気あげ」。

失敗の多き我なり頬被  涼子

あまり反省はしていないようで愉快。

銭湯の角に小屋掛け飾売  守彦

町の様子が過不足なくしっかり描けている。

日溜りのひとつとなりぬ綿子着て  隆子

なりぬとまで言って成功、日溜りにいるようだではつまらない。

初雪やこんここんこと天歌ひ  光加

初雪の心楽しさ。

安心の南瓜やけふも大皿に  隆子

「けふも」に、身近な南瓜だからこその切なる祈りを感じる。

さて何処へ目深にかぶる冬帽子  守彦

気取りすぎ?だが、夏帽子ではこうはいかない。

白和へへ紅玉りんごを皮のまま  涼子

「白和への紅玉りんご皮のまま」。

夕間暮れ点描となり鴨の陣  今日子

鴨一羽一羽を点と捉えるのは当たり前だが、鴨の陣が点描画法で描かれたようだというのは面白い。

石ころのひとつひとつに秋夕日  周作

「ひとつひとつに」に秋の感じがある。「夕日」では焦点が合わない。「秋夕焼け」「秋日差す」。

風邪除けと冬至南瓜を大盛りに  涼子

「風邪をひかないから食べなさい」お母さんの声が聞こえてきそう。

情景がしっかり描けている句が増えた反面、切れ字が安易に使われている句が散見。一字一字に注意を払いたい。

熊撃ちは熊の毛皮を敷き眠る  光枝

Bookmark the permalink.

Comments are closed.