カフェネット投句(二月)飛岡光枝選

【特選】

豆を撒く飼ひ馴らしたき鬼もゐて  涼子

豆で鬼をおびき寄せている?!空恐ろしい一句。原句は「飼い馴らしたき鬼もゐて豆を撒く」。

幼子は小さき籠に土筆摘む  弘道

一心に土筆を摘む子供。原句の「幼子と小さき籠に土筆摘む」ではただの報告になってしまう。

【入選】

面影は花すかんぽの色に褪せ  隆子

「すかんぽ」にはなつかしい響きがある。

無防備の土筆一本風に立つ  隆子

確かに土筆の様子は無防備。原句は「無防備の土筆一本胸の中」。

忘れえぬ人の数々土筆和  弘道

原句は「忘れえぬ景の数々土筆和え」。より焦点を絞ること。

土手にはや土筆出たぞと理髪店  周作

髪結床の噂話。春のにぎやかさが伝わってくる。原句は「土手にはや土筆出たぞや理髪店」。

菜の花に地蔵隠れし櫓かな  周作

いつもなら櫓から見えるお地蔵さま、今は菜の花が揺れるばかり。

粕汁や岸壁に舞ふ波の花  涼子

きびしい厳冬の景と湯気を上げる粕汁と。過不足ないしっかりとした一句。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.