今月の料理(三月)辛子和え

二月は逃げる、三月は去る。昔の人は面白い事を言ったものです。確かに一月は元日、今日は二日、今日は三日、四日は仕事始、松納と一日一日しっかりと確認しながら過ごします。ところが二月になるとその意識も薄れ、普段の月のように仕事や日常は曜日を意識して過ごす事が多いようです。ちょっとした事なのですが、この意識の持ち方が二月は逃げるように終わり、三月はあっという間に去ってしまう、気がつけばもう新年度が始まると言う思いにつながるのでしょう。

今年もまた、ゲリラ豪雨ならぬゲリラ雪?に悩まされた地方もありましたが、さすが三月ともなれば気持ちにも余裕が出てきます。気の早い処ではもう夏の食材の蚕豆
やグリンピースなどが出回っていますがこの時期一番おいしいのはやはり青菜の類でしょうか。

全国的にはわかりませんが、ここ新潟では最近の人気の品種に「アスパラ菜」という菜があります。小松菜のような葉に菜の花に似た花を付け、全体に少しほろ苦さを感じさせる茎の甘い菜です。他にも地名をとった「女池菜」「大崎菜」、「新井郷菜」「小針菜」、新潟市江南区の曽野木で栽培されている「そのき菜」など数多くの地域野菜があります。みなアブラナ科の野菜で、見た目はとても良く似ていますが、各々名前がついているのはきっとその土地の土壌に合うように工夫され少しづつ違った味わいがあるのでしょう。これらは春本番にむかっておいしくなる青菜です。和、洋、中華となんにでも使え重宝する野菜ですが、一番は取り立てを手に入れてお浸に。

今月はこのアスパラ菜をつかって辛子和えを作ります。お汁粉には隠し味の塩を使いますが、辛子和えの隠し味には砂糖を使うと味が決まります。

【作り方】
青菜(小松菜 菜の花 ちんげん菜)などを塩を入れたお湯でゆで上げます。
茹で上げたら笊にとってさまし水分を軽く絞り、だし汁にさっとくぐします。
これを軽く絞って辛子醤油であえます。

【分量】
青菜 二株ほど
醤油 大匙1杯から2杯
練り辛子 適量
砂糖 適量

お浸しの青菜に花の莟かな 善子

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」1月

1月の兼題は「カフェきごさい」のサイトより、「餅」「餅花」です。

【特選】

餅花や飛騨の大雪気にかかり  光加

目の前で揺れる餅花と飛騨に降る雪。理屈ではない。原句は「餅花や飛騨の積雪気にかかり」。

餅花やあらたまの日々弾ませて  涼子

新しい年の新たな日々が、まるで餅花のように弾んでいる。

とんどの火宇宙船より見へるらん  弘道

宇宙ではなく宇宙船と言ったことで、実感がある句となった。「見ゆるらん」。

ゆであげて雪の白さの白魚かな  隆子

湯気と雪と白魚の白。

【入選】

寒蜆あひ照り合うて盛られをり  隆子

「盛られをり」一考を。

着ぶくれの中分けゆくや土俵入り  光加

「着ぶくれの人を分けゆく」。

海山の幸を田の字にお重詰  隆子

「海山の幸」が目出度い。

探梅や酒一本を懐に  弘道

うすら寒い季節の楽しみ。

初声やさねさし相模の浪間より  涼子

「さねさし相模」が囃調子でめでたい。

丸餅を焼けば怒れる玉となり  今日子

丸餅だから玉となるという理屈を抜けたい。

ふれあつて霰の音や餅の花  隆子

ぱらぱらと音をたてる餅花。

これがまあ一茶の里の深き雪  弘道

「一茶の里か雪深く」という形もある。

門松を飾りに帰る父母の家  今日子

「父の家」「母の家」もあり、一考を。

大寒や白湯一口のうまさかな  稲

身体に染み入る白湯の味。「大寒の白湯一口のうまさかな」「大寒や白湯一口のうまきこと」。

聞き上手話し上手や雪列車  弘道

「雪列車」が少々強引だが様子はよくわかる。

挟み得てのつぴきならず粥柱  隆子

「挟み得て」が大げさ。「挟みあげのつぴきならぬ粥柱」。

2月の兼題は「今月の季語」節分、「今月の料理」酒粕、「今月の花」土筆です。

餅花をゆらして春は来たりけり  光枝

福島光加さん 花のデモンストレーションのお知らせ

「カフェきごさい・今月の花」担当の福島光加さんによる、いけばなのデモンストレーションが開催されます。草月流本部講師・師範会理事として国内外で活躍する光加さん。観客から見て正面になるように後ろから花をいける「後ろいけ」は必見です。(光枝)

【春の小さなデモンストレーション】

〈日 時〉 3月3日(金)18:30~
      3月4日(土)17:00~
〈会 場〉 「原宿ピアザビル」地下
      渋谷区神宮前4・26.18
      *「明治神宮前駅」出口5 徒歩1分
〈会 費〉 各回 2,000円
      予約 KOKAF1107@l.SOFTBANK.JP
      (当日の参加も可能です)

今月の花(二月)土筆


気持ちのよい陽のさす多摩川の土手に立ったことがあります。終戦後十年くらいの春まだ浅い日でした。

「あら、土筆!」という母の声に振りかえると、冬枯れの光景のなか薄い緑の芽を出し始めた土手の草むらのなかから、つんと出た植物を見つけました。それは薄茶色の帽子をかぶった土筆でした。言われて気が付けばあちらにもこちらにも。

長さは六cmから長いものでも十二~三cmくらいだったでしょうか。母は土筆を見つけては摘み、下げていた布の袋に入れていきました。「油いためにしよう!家に帰ってからここはとるけれど」と土筆の頭の下の節のまわりにある、葉のようなものをていねいに取り除きました。真似をしてあちこちで土筆を摘んだ私の指は、たちまち土や草のあくのようなもので汚れました。引き抜こうとした時、土の香りがたったことをかすかに覚えているのは、前日かその前の日に雨が降ったからだったでしょうか。

緑色をしたスギナがでると土筆はどこに消えたのだろうと思ったものですが、実は同じ地下茎から出ています。胞子茎からは土筆が出て、栄養茎からはスギナが出てると知り、不思議に思いました。筆のような形をした土筆と小さな杉の形を思わせるスギナのふたつの植物の形がどうも頭の中で結びつかなかったからです。

土筆はとくさ科に属します。濃い緑色をした木賊のついついと伸びた先端は、色は違うもののあの土筆とそっくりではありませんか。木賊の黒い節のところについている茶色い皮のようなものは葉が退化したものだそうですが、土筆の節のところに木賊よりは少し長い同様のものが出ていて、何本も注意深くむいた記憶がよみがえってきます。

木賊は太古から存在しているといわれています。スギナも地下茎から芽を出すほかに、土筆の頭から胞子もとばして増えていきます。生命力が旺盛で古くから生き延びてきた強い植物のひとつである土筆。土筆を春の初めに食べることで大地からのエネルギーをもらい、何事にも負けないように生きていきたいと、母をはじめ、あの時代の変わり目を経験した人たちは土筆摘みに夢中になっていたのでしょうか。

しかし残念ながら、私にはおいしかったという記憶は残っていないのです。あまりにも飽食の時代に身を置いているからなのでしょうか。(光加)

カフェネット投句(1月) 飛岡光枝選

【特選】

一休の腰に挿したる餅の花  周作

一休にこのような逸話が残っているのかは知らないが、さもありなんという風情。「めでたや めでたや」と里を歩き回る姿が目に浮かぶ。

初夢や花びらもちに包まれて  弘道

花びら餅の白妙の布団にくるまれて見る夢はどんな夢だろう。「初夢」「花びら餅」と季語がふたつあるので「夢をみる花びらもちに包まれて」とすることも考えられるが、この句の「初夢」は動かしがたい。平仮名を多用したことも柔らかな句の内容と合っている。

【入選】

新しき大地のごとく鏡餅  今日子

鏡餅を大きく捉えた新年らしい一句。ただ、大地はもっと広々したものなので一考を。

炉語りは疎開のはなし餅の花  涼子

しみじみと昔の話を聞くのも正月ならでは。「炉語り」が「はなし」とダブる。「婆に聞く疎開のはなし餅の花」など。

初富士へ転舵する船大飛沫  涼子

初富士らしい大景。「転舵」「船」もダブり。「初富士や面舵いつぱい大飛沫」など。

うれしさの弾けしだれて餅の花  隆子

新年の喜びを餅花に託して。

華やげる餅花くぐり客席へ  弘道

「客席へ」がいかにも説明。「華やげる餅花くぐり三番叟」など。

天井の餅花影を散らしけり  周作

位置関係が曖昧。「天井に」。

【投句より】

・「太箸を子供二人がもてあまし」

「二人」がこの句では必要かを考え、この字数を言いたいことに近づくように使いたい。

・「初湯浴み肉やはらかく放たれし」

「放たれし」がわかりにくい。解放感を言いたいことはわかるがより具体的に。「湯浴み」がもったいぶった印象になり、「初」が効いてこない。「初風呂」「初湯」で十分。

・「凍み餅はくだけて霜の花のごと」

「霜の花」は霜のこと。「凍み餅」がなんでそんなに粉々になるのか映像が結ばない。

・「餅花の影軽やかに揺らぎけり」

「軽やか」に「揺らぎ」は合わない。「軽やかに揺れにけり・揺れてをり」。辞書では「揺らぎ」は「ゆれる、ゆれ動くこと」と出ているが、「揺らぎ」と「揺れる」の言葉の風合いの差を感じて使い分けることが大切。

今月の季語(二月)節分

〈節分〉と聞けばとっさに二月の〈豆まき〉を思う私たちですが、本来は節を分ける日、季節の境目すべてにある日です。『広辞苑』にも①に「季節の移り変る時、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日の称」とあり、②に「特に立春の前日の称」と記載されています。

では何故、立春の前日が節分の代表のような扱いになるのでしょう。

新暦に生きる私たちには馴染みが少ないですが、かつては立春が元日であり、その前日といえば、一年の最後の日大晦日だったから。つまり一年でいちばん大きな節目である年を分ける日だったからでしょう。

暦のことを考え始めると、割り切れないことがいろいろ出て来ますが、旧暦のころにも〈年内立春〉のようなイレギュラーはありました。とりあえず暦問題には触れず、冬と春の境目に行われる行事についてみていきましょう。

〈追儺(ついな)〉は、もともとは大晦日の夜に悪鬼を祓う儀式として行われていた宮中の行事です。中国から伝わり、古くは奈良時代にその記録があります。〈なやらひ〉〈鬼やらひ〉とも言います。かの『源氏物語』にもそのシーンがありますから、お好きな方は探してみてください。

あをあをと星が炎えたり鬼やらひ   相馬遷子

匂ふほどの雪となりたる追儺かな   小林康治

一方〈豆撒き〉は民間由来の行事です。今では〈追儺〉も〈豆撒き〉も同じように使われますが、起源の違いが語感の違いになっているような気もします。

山神に供へし豆を山へ撒く        殿村菟絲子

子が触れたがる豆撒きの父の枡    鷹羽狩行

〈鬼は外〉〈福は内〉のはやし言葉や、〈鬼打豆〉〈年の豆〉〈鬼の豆〉〈福豆〉など撒かれる豆自体を季語として使うこともできます。

「福は内」とは照れくさきせりふかな 山上樹実雄

福豆に齢の残りは数へざる      安住 敦

年の豆噛みつつアガサクリスティー  草間時彦

かつてはわが家でも〈鬼の面〉をかぶった父を子らが大声で追い、盛大に〈豆を打つ〉ことをしましたが、年々声が小さくなり、いつしか行わなくなりました。

追はれてや脇にはづるる鬼の面    荷兮

また、最近の住宅街ではあまり見なくなりましたが、焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺して門口に挿して魔除けにすることもありました。

門にさしてをがまるるなり赤いわし  一茶

柊を挿す艮(うしとら)の雲の色   辻田克巳

民間行事の場合は地方や家ごとに作法が違ってくるものです。皆さまのお宅ではいかがですか?

年に四回ありながら、一回しかないと思われている日が他にもあります。たとえば土用。立秋前の十八日を指す夏の土用の、中でも丑の日が有名ですが、実は季節ごとにあります。季語になっているのは夏の土用のみですから、いちばん身体にこたえると思われていたのかもしれません。

ほかにもこれに類する例があります。歳時記を繰って探してみてはいかがでしょう。(正子)

今月の料理【二月】酒粕のカナッペ

酒粕の甘酒は今風に言えばホットドリンク。子どもの頃寝る前によく頂いたものでした。昔の日本家屋は窓枠も玄関の戸も木製で古くなると何処からともなく入る隙間風や夜空を渡る北風の音に何となく心細い思いをしたものです。そんな夜にいただた暖かな飲み物は体だけでなく気持ちもほかほかとなった思い出があります。生姜湯を始め、風邪の時には焼き梅干しに海苔と葱散らしたもの、柚子や金柑のジャムにお湯をさしたものなどみな素朴な物ばかりでした。柚子湯などは火鉢に掛けた薬缶の熱湯を注ぐと部屋中に良い香りが立上がったものです。

そんな夜には一つの炬燵で兄や妹と勉強したり、喧嘩をしたりと泣くのも笑うのも炬燵にあたってでした。足をけった、布団の下に鉛筆を隠した等、些細な事で始まる言い争いもその頃食べたお八つも冬と言う季節があってこその思い出かも知れません。

さて、今月の料理ですが、最近は魚を粕漬けにしたり春になると山葵と和えたりと、調理にばかり使っていた酒粕ですが今月は板粕を使っておつまみを。お八つには焙った板粕にお砂糖を振りかけた物を食べた記憶がありますが、板粕は焙っただけではおつまみに甘すぎます。そこで、板粕にチーズやアンチョビなどを乗せて目先の変わったおつまみに。ここではアンチョビやチーズなど一般的なものを用いましたが、お酒の好きな方には酒盗なども良いかもしれません。色々試して自分好みの一品を楽しんでください。

【作り方】
板粕アンチョビとろけるチーズなど、お好みで。
板粕はオーブントースターでこんがりと焼きます。
アンチョビペーストを塗りケッパーの微塵切りを散らします。
同じように少し焙った板粕にチーズを乗せ、再びオーブントースターでチーズが溶けるまで焼きます。

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」12月

今年最後の「カフェきごさい」句会。兼題はサイトより12月の「季語」冬の衣、「料理」牡蠣蕎麦、「花」カトレアです。

【特選】

星もまた歳をとるとや木の葉髪  きみ子

冬に抜け落ちる髪を、散っていく木の葉に託した季語「木の葉髪」。身の内側に籠る句がよく詠まれる季語だか掲句は壮大な宇宙に思いを拡げた新鮮な一句。

【入選】

富士の山全くみゆる冬野かな  守彦

「冬野」から富士が全く見えるでは新鮮味が薄い。季語を一考。

もう耳の聞えぬ犬に敷く毛布  きみ子

毛布と心の温かさ。「毛布敷く」。

ふやけたる柚子一個居りバスルーム  光加

柚子湯の翌朝。ほんのり残る柚子の香り。「一個あり」。

碁仇と病気自慢や年忘れ  弘道

「碁仇」の字面が重い割には句のなかでは生きていない。軽く「句仇」くらい?

冬芽みることに始まる一日かな  隆子

一日一日を大切に過ごしている様子が伝わる。

白富士をわが家より拝す大旦  稲

「わが家より白富士拝す大旦」。

まづ牡蠣を頬張りにけり晦日蕎麦  涼子

牡蠣入りの晦日蕎麦とは豪勢な。「まづ」に勢いがある。

黄落やひと風吹きて子の消ゆる  守彦

「黄落」の眩しさ、豊かさ。

カトレアを胸に米寿の父酔ひぬ  きみ子

「酔ひぬ」で一句になった。

歯に沁みる熟柿(うみがき)うまし炬燵かな  守彦

熟柿の美味しい食べ方。

松葉蟹真赤になつて睨みおり  弘道

蟹の目はあまりに小さいので睨んでいるとも思えないが、赤い甲羅全体で睨んでいるような気がする。

五年目の貫禄を着る革ジャンパー  涼子

「革ジャンパー」をしっかり捉えた一句。「コート」では様子が違う。

餅搗やふり入る雪も搗きこんで  隆子

よく詠まれる情景だが過不足なく表現できた。「ふり入る雪を」。

1月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい講座」の兼題は、サイトより1月の季語「餅」、料理「ポークの紅茶風味(「おせち料理」一切)、花「餅花」です。

新宿の朝日カルチャーセンターの句会、またサイトのネット投句に今年も意欲溢れる句が寄せられました。来年度もより充実した講座、サイトにしてまいりますので、ご期待ください。

サイトには折にふれ、店長の日本(海外も?!)各地での吟行リポートも掲載していきたいと思います。
みなさま、どうぞよいお年を!

この国の明日を温めん冬至風呂  光枝

à la carte_煤払

今年もあと十日程となりました。博多の総鎮守、櫛田神社で、二十一日朝から「煤払」が行われました。まず神殿で祝詞があげられ煤払をする神官と巫女、笹竹が祓われご神体がほこりをかぶらないように御簾がおろされます。白いたすきをかけた神官と巫女が5メートルほどの笹竹で一年間にたまった神殿の中の天井や梁の煤を払いました。その後、神殿を出て楼門や神門の煤も払われました。普段は掃除が行き届かない場所までほこりが払われて清々しくお正月を迎える準備が整いました。(真知子)

煤掃の煤をかぶるもよかりけり  真知子

カフェネット投句(12月)飛岡光枝選


【特選】

毛糸玉ころがる先に毛糸玉  周作

解き直した毛糸をいくつかの玉にしているのか、幾色かの毛糸で編んでいるのか。仔猫たちがじゃれ合うような毛糸玉の様子に幸福感が漂う。

いつの日か君は羽化してカトレアに  隆子

仙人ならずカトレアになって匂い立つ人。若者(女性?)への贐のことばにふさわしい一句。

四角なる餅もまあるく膨らんで  涼子

本当に丸くなるわけではない。楽し気に餅を焼く人の心持がいい。

【入選】

切るならば切れと鮟鱇睨みけり  弘道

鮟鱇は陸にあがるとだらしなくなってしまい、句のような精悍な様子の鮟鱇にはあまりお目にかからない。

年の瀬や都大路を足早に  弘道

特に新しい内容ではないが「都大路」という古風なことばが効いている。

難民の空へ飛びゆく毛布あり  隆子

一枚の毛布に命をつなぐ人々。

カトレアを胸に新婦に並び立つ  涼子

このままでは状況説明。「カトレアを胸に新婦の母となり」。

【投句より】

襟巻は狐や鼻のこそばゆく  

「襟巻の狐の鼻のこそばゆく」。同様の切れ字の使い方がこの作者の句には時々見受けられる。一考を。

呟きてひと色選ぶ毛糸玉

この「呟きて」はわからない。もっと具体的に。