投句と選句のフォーム

    お名前(俳号) (必須)

    メールアドレス (必須)

    一句目

    二句目

    三句目


    以下の一覧から番号と句をコピーして欄に張り付けると確実です。
    (投句一覧)
    1 凩や思ひの丈を叫びつつ
    2 和箪笥の隠し引出し日短
    3 流行のスケッチャーズ履いて冬銀座
    4 裏窓に漏れ来るファドや冬?
    5 落ち葉焚く一年のこと皆捨てて
    6 野良猫の三毛の親子や時雨くる
    7 夜の森哀れキーンと鳴く狐
    8 夜なべしてあの子この子に冬帽子
    9 頬真っ赤空気すみずみまで凍る
    10 母の遺し半纏出番霜の朝
    11 風狂の色なつかしや枯蟷螂
    12 番傘に時雨華やぐ五条坂
    13 禰宜おらぬ村の神社に雪しまく
    14 日時計のごとくに猫の日向ぼこ
    15 日向より日向へ一羽尾長鴨
    16 日おもてのなほ燃えてゐる冬紅葉
    17 読みかけの小説抱へ寒林へ
    18 冬眠の蛇や土偶に絡みつき
    19 杜氏来るもんぺ姿の母若し
    20 追ひかくる見覚えのある冬帽子
    21 暖房車膝の楽譜がすべり落つ
    22 大間かと問うて叱られ葱鮪鍋
    23 鯛焼きや尾をはね上げて町の角
    24 雪もよひ砂場に残るミニパトカー
    25 水鳥や二羽の相寄る沼日和
    26 水鳥の静寂を愛す日の芝生
    27 小春日やロープウェーに海を見て
    28 寂聴の愛だ恋だの紅葉散る
    29 始業ベル飛び込んでくる白き息
    30 山茶花や笑ひ出したる一樹あり
    31 鯨より吾飲込まれ覚めにけり
    32 銀杏落葉くるくる舞いて街は黄に
    33 極月やちんちくりんの髪になる
    34 寒菊や夕富士すくと立ちにけり
    35 柿膾照葉を添へて盛られけり
    36 柿ひと葉快晴微風力尽く
    37 異教徒もシャンパンを抜く聖夜かな
    38 ぺちやくちやと話のつきぬ囲炉裏かな
    39 ぴゆーと鳴る風も薬味よ葱鮪鍋
    40 どこからか鍬振る音や今朝の冬
    41 キティちゃんの長靴が踏む霜柱
    42 ウイルスは地球の一部冬の星
    43 花八手卒寿の姉のつつがなし
    44 パドックの出走馬はや息白し
    45 ゴッホ展赤きベレーの木の葉髪