朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」12月

今年最後の「カフェきごさい」句会。兼題はサイトより12月の「季語」冬の衣、「料理」牡蠣蕎麦、「花」カトレアです。

【特選】

星もまた歳をとるとや木の葉髪  きみ子

冬に抜け落ちる髪を、散っていく木の葉に託した季語「木の葉髪」。身の内側に籠る句がよく詠まれる季語だか掲句は壮大な宇宙に思いを拡げた新鮮な一句。

【入選】

富士の山全くみゆる冬野かな  守彦

「冬野」から富士が全く見えるでは新鮮味が薄い。季語を一考。

もう耳の聞えぬ犬に敷く毛布  きみ子

毛布と心の温かさ。「毛布敷く」。

ふやけたる柚子一個居りバスルーム  光加

柚子湯の翌朝。ほんのり残る柚子の香り。「一個あり」。

碁仇と病気自慢や年忘れ  弘道

「碁仇」の字面が重い割には句のなかでは生きていない。軽く「句仇」くらい?

冬芽みることに始まる一日かな  隆子

一日一日を大切に過ごしている様子が伝わる。

白富士をわが家より拝す大旦  稲

「わが家より白富士拝す大旦」。

まづ牡蠣を頬張りにけり晦日蕎麦  涼子

牡蠣入りの晦日蕎麦とは豪勢な。「まづ」に勢いがある。

黄落やひと風吹きて子の消ゆる  守彦

「黄落」の眩しさ、豊かさ。

カトレアを胸に米寿の父酔ひぬ  きみ子

「酔ひぬ」で一句になった。

歯に沁みる熟柿(うみがき)うまし炬燵かな  守彦

熟柿の美味しい食べ方。

松葉蟹真赤になつて睨みおり  弘道

蟹の目はあまりに小さいので睨んでいるとも思えないが、赤い甲羅全体で睨んでいるような気がする。

五年目の貫禄を着る革ジャンパー  涼子

「革ジャンパー」をしっかり捉えた一句。「コート」では様子が違う。

餅搗やふり入る雪も搗きこんで  隆子

よく詠まれる情景だが過不足なく表現できた。「ふり入る雪を」。

1月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい講座」の兼題は、サイトより1月の季語「餅」、料理「ポークの紅茶風味(「おせち料理」一切)、花「餅花」です。

新宿の朝日カルチャーセンターの句会、またサイトのネット投句に今年も意欲溢れる句が寄せられました。来年度もより充実した講座、サイトにしてまいりますので、ご期待ください。

サイトには折にふれ、店長の日本(海外も?!)各地での吟行リポートも掲載していきたいと思います。
みなさま、どうぞよいお年を!

この国の明日を温めん冬至風呂  光枝

Bookmark the permalink.

Comments are closed.