朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」二月

「カフェきごさい」句会、二月の兼題はサイトより二月の季語「節分」料理「酒粕(粕汁など)」花「土筆」です。

【特選】

平げて骨透きとほる鰤の鎌  今日子

「平げて」と豪壮に始まる一句は鰤一尾を食べつくしたかのようで愉快。「骨透きとほる」には寒鰤の「寒」が感じられる。「平らげて骨透きとほる寒の鰤」もある。

【入選】

対岸は高層ビル群つくづくし  涼子

東京郊外の土手の様子がよく描かれている。突っ立つビルと土筆。

生きてこそ身に沁む春の光かな  守彦

「生きてこそ」に実感があり、「春の光」の明るさ、暖かさがよく伝わる。ちなみに「身に沁む」は季語としては秋。

戸をたたき大股でゆく春一番  稲

「大股でゆく」が春一番らしい。

春昼や競馬新聞読む男  弘道

のどかな春の昼にも人間の欲望は健在。「春昼」に潜む、明るいだけではないものが感じられる一句。

どんぶりに満たす粕汁雪を掻く  涼子

「満たす粕汁」が少々散漫。「どんぶりの粕汁食うて雪を掻く」。

醒めていてみている夢や冬ふとん  周作

「布団」は付きすぎ。あえて「冬ふとん」という必要もない。「醒めていてみている夢やチューリップ」など、「季語」一考を。

黄水仙もう一まはりジョギング  光加

黄水仙の明るい色に励まされて。「一まはり」→「一回り」。

受付の呼鈴金物や厚氷  周作

呼鈴が厚くはった氷に響くよう。「金物」に「カネ」とルビが付いているが、無理がある。「受付の呼鈴ひびく厚氷」。

鳥の絵の小鉢に盛らん花菜漬  隆子

「花菜漬」が鮮やか。

三月の「カフェきごさい」の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛し和え」花「勿忘草」です。

土筆ん坊寅さんを待つ風の中  光枝

Bookmark the permalink.

Comments are closed.