朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」三月

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」。三月の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛子和え」花「勿忘草」です。

【特選】
きんつばの小豆艶やか春炬燵  守彦

炬燵でいただくきんつば。「艶やか」な小豆が、春と呼応する。

傘寿より俳句始むと春の文  弘道

心弾む春らしい一句。「文」まで言ってしまうと説明。「傘寿より俳句始むと友の春」。

【入選】
勝名乗り受けし関取日脚伸ぶ  周作

なかなか勝てなかったのかもしれない。「日脚伸ぶ」に、応援している人々の温かな眼差しが感じられる。

はうれん草茹でる束の間長きかな  涼子

青菜は湯で加減が命。特にほうれん草は一瞬で茹ですぎてしまう。「束の間長き」が言い得て妙。

子の摘みし花の顔花菜雛  隆子

ことばが多く、ごちゃごちゃしてしまった。「子の摘みし花の一輪花菜雛」。

翁一人戦時生ききし春耕す  弘道

こちらも説明しすぎ。「戦の世生きて一人の春耕す」。

ため息をつけば浮き来る春の鯉  今日子

ほんとうかなと思うが、なにやら春の感じがある。春愁か。

玉子とぢ三葉白魚そして独活  涼子

料理の材料を並べただけだが材料選びがうまくいった。春の嬉しさがあふれている。

風邪の身に彼岸の水のつめたさよ  稲

「彼岸の水のつめたさ」に季節の体感がよく表現されている。

生一本いかなご添へて届きけり  弘道

「いかなご」が動くが、春の到来を告げる肴は生一本のあてには上々。

春の川声あげ子らの追ふて行く  弘道

きらきら輝く川の水を追いかける子供たち。「春の川声あげて子ら追ふて行く」。

催花雨や生きて目覚めし朝かな  稲

暖かな雨に目覚めた春の朝。上五が重いか。「春の雨生きて目覚めし朝かな」。

四月の兼題はカフェきごさいのサイトより四月の季語「春のバラ科の花々」料理「葉山葵のお浸し」花「スイートピー」です。

紙雛お菓子の箱に納めけり  光枝

Bookmark the permalink.

Comments are closed.