カフェネット投句(12月)飛岡光枝選


【特選】

毛糸玉ころがる先に毛糸玉  周作

解き直した毛糸をいくつかの玉にしているのか、幾色かの毛糸で編んでいるのか。仔猫たちがじゃれ合うような毛糸玉の様子に幸福感が漂う。

いつの日か君は羽化してカトレアに  隆子

仙人ならずカトレアになって匂い立つ人。若者(女性?)への贐のことばにふさわしい一句。

四角なる餅もまあるく膨らんで  涼子

本当に丸くなるわけではない。楽し気に餅を焼く人の心持がいい。

【入選】

切るならば切れと鮟鱇睨みけり  弘道

鮟鱇は陸にあがるとだらしなくなってしまい、句のような精悍な様子の鮟鱇にはあまりお目にかからない。

年の瀬や都大路を足早に  弘道

特に新しい内容ではないが「都大路」という古風なことばが効いている。

難民の空へ飛びゆく毛布あり  隆子

一枚の毛布に命をつなぐ人々。

カトレアを胸に新婦に並び立つ  涼子

このままでは状況説明。「カトレアを胸に新婦の母となり」。

【投句より】

襟巻は狐や鼻のこそばゆく  

「襟巻の狐の鼻のこそばゆく」。同様の切れ字の使い方がこの作者の句には時々見受けられる。一考を。

呟きてひと色選ぶ毛糸玉

この「呟きて」はわからない。もっと具体的に。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.