今月の花(五月)都忘れ

名前を聞いただけで、その植物の性質が推し量られるものがあります。

丈がせいぜい四十cmの都忘れは、直径三cmほどの花を茎の頭頂につけます。覗いてみれば中心の筒状花は黄色く、その周りをとりまくはなびらの元はきゅっと絞られています。小さな花弁は薄紫、白、ピンク、濃いめのピンクなどがありますが、花屋さんでの切り花や鉢植えでは濃い紫が多く見かけられます。やや艶のある葉は、キク科に属す植物の特徴のひとつである切れ目があります。

都忘れは、もともと野春菊ともいわれる「みやまよめな」から園芸種として改良されたもので、日本が原産です。

小学生のころに住んでた家の小さな庭は、連翹が散り、桜の最後の花びらが数枚どこからか舞い込んでくるころ、薄い紫の都忘れが咲いていました。この花は早春から咲く種類もあるといわれますが、我が家では少し遅く咲きました。春のけだるさをその薄紫の色に現しているようで、私の好きな花のひとつでした。

庭の手入れを特別にしていた記憶がなかったのは、仮住まいだったせいもあったのでしょうか。幼い私はそんなことを知るはずもなく、都忘れを庭から勝手に切ってきて、鼠色の深めの鉢にたっぷりと水をいれ、そこにそのままさっといれていました。可憐な花とともに、少し濃くなった葉の緑は水の中に入ったものはことのほか瑞々しく見えて、子供心にも少し汗ばむ季節の到来をどこかで感じていたのでしょうか。

順徳天皇(1197-1242)は百人一首の最後の歌の作者として知られています。「ももしきや古き軒端のしのぶにもなほ余りある昔なりけり(順徳院)」という歌は多くの方がご存知です。晩年には佐渡に流された順徳院は、こんな歌も詠んでいることを知りました。

いかにして契りおきけむ白菊を都忘れとなづくるも憂し

四十六歳で佐渡で崩御した順徳院が愛でた花は、私たちが今見ている都忘れとは違う花かもしれません。しかし愛らしい白い花が都を忘れさせてくれるのは、外に向かって華やかに語りかけるのではなく、なぜか人の心の内に向かって染み込んでいくようなこの花の魅力ゆえだと歌われているのであれば、現代の都忘れにもその面影が残っていると思われてくるのです。(光加)

今月の季語(五月) 端午

五月五日はこどもの日。そして立夏です。今年二〇一七年の場合は、と付け加えておくのが正確でしょう。〈こどもの日〉は政府によって定められた休日として、カレンダー上に赤色で記されている日ですから、毎年この日です。一方〈立夏〉は二十四節気の一つですから、日付がずれることもあるのです。

小鳥屋に兎も亀もこどもの日     成田千空

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ  石田波郷

今、五月五日=端午の節句なのでは? と思いませんでしたか。〈ゴールデンウィーク〉の空には〈鯉幟〉がはためき、家の内には〈武者人形〉や兜などの武具が飾られます。そして和菓子屋のケースには、〈粽(ちまき)〉や〈柏餅〉が並んでいるのですから。

寝袋をかつぎ黄金週間へ    滝沢伊代次  ※黄金週間は、〈春〉

畳まれて眼の金環や鯉幟    有働 亨

雀らも海かけて飛べ吹流し   石田波郷

東京は墓多き街武具飾る    田中裕明

粽解く葭の葉ずれの音させて  長谷川櫂

生きてゐることに合掌柏餅   村越化石

〈端午〉の五月五日は本来は旧暦の五月五日です。今の暦に移すと、今年は五月三十日がその日にあたります。ただ、三月三日の上巳の節句(雛祭)を新暦の三月三日に祝うように、端午の節句も、何の疑いもなく新暦で祝っている私たちです。五月三十日には柏餅ももう買えませんし。毎年のように新暦旧暦が取り沙汰されるのは、今では七夕くらいでしょうか。

菖蒲の日父子のごとくに舟を寄せ  友岡子郷

端午の節句を〈菖蒲(あやめ)の日〉とも言うのは、菖蒲を軒に吊したり、湯に入れたりするからです。菖蒲と尚武(しょうぶ)の掛詞ですから、あやめという優しい響きに反して勇ましい季語です。

〈菖蒲(しょうぶ/あやめ)引く〉は端午の節句に使うため、水辺で菖蒲を刈ること。

菖蒲ひく賤の子すでに乙女さび   飯田蛇笏

〈菖蒲葺く〉は五月四日の夜、軒に菖蒲を葺く風習を指します。火災避けのまじないでもあったようです。

色町にかくれ住みつつ菖蒲葺く   松本たかし

そしておなじみの〈菖蒲湯〉は、五月五日に菖蒲を浮かべてたてる風呂のこと。

さうぶ湯のさうぶ寄りくる乳のあたり  白雄

菖蒲の季語は思いのほか多く、このほか〈菖蒲酒〉〈菖蒲の帷子〉〈菖蒲の鉢巻〉〈菖蒲兜〉〈菖蒲刀〉〈菖蒲打〉〈菖蒲の根合せ〉〈薬玉〉等々。〈六日の菖蒲〉というものもあり、これは〈十日の菊〉に似ています。翌日の何かを珍重したり、役立たずと呼んだり、ご先祖さまの発想は愉快です。

ちなみに端午の節句の菖蒲は〈花菖蒲〉とは別物です。花菖蒲はアヤメ科、菖蒲はサトイモ科。アヤメ科のほうは、大きな蝶のような花を頂に掲げますが、サトイモ科のほうは花茎の中ほどに黄緑の小花を穂のように密生させます。水辺へ菖蒲を引きに行くときは、間違わないようにご注意。

乾坤に根引きの菖蒲よこたはる   三橋敏雄

てぬぐひの如く大きく花菖蒲    岸本尚毅

(正子)

 

今月の料理【五月】 新茶の天麩羅

以前、茶所静岡の友人と話をしていた時のことです。新潟は言わずと知れた米どころ、二人でお茶の話とお米の話に暫し花が咲いたのですが、ふと彼女がもらしました。「お茶とお米の味にうるさくなると年をとたった証拠だそうよ」確かに若い時を振り返れば、食べ物の話の中でお茶やお米などしたことはなかったように思います。お茶と言えばコーヒーや紅茶などで、あそこのお店はお米がおいしいから食べに行こうなどと言う発想は全くありませんでした。

最近は出汁が引けているか、ご飯がおいしいか、漬物はどうかなどなんだか重箱の隅をつつくような所が気になり、二人で「これではまるで口うるさい姑か意地悪ばあさんね」と大笑いです。

さて、その茶所では詰んだばかりのお茶の葉をそのまま天麩羅にして食べるそうですが、新潟は村上がお茶の北限、なかなか生の茶葉を手に入れるのは難しいようです。そこで頂いた新茶を楽しんだ後の茶葉の水分をとり、出盛りの新玉ねぎとかき揚げに。出来ればお茶は一煎のみにして開いた葉を使うとと香りも残り扱い易いと思います。

 【作り方】

お茶の葉は軽く水分を取っておきます。

玉葱は薄くスライス。人参は千切りに。

材料をすべてボールに入れ軽く小麦粉をふっておきます。

別のボールに小麦粉と冷たい水を入れ衣作ります。

油を熱し材料を入れたボールと小麦粉を溶いた衣の液を合わせ
180度の油で揚げます。

 【材料】
お茶の葉 新玉葱 人参 天麩羅油 小麦粉 水
分量は普通の天麩羅の要領で

         とんとんと袋に詰める新茶かな       善子

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」三月

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」。三月の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛子和え」花「勿忘草」です。

【特選】
きんつばの小豆艶やか春炬燵  守彦

炬燵でいただくきんつば。「艶やか」な小豆が、春と呼応する。

傘寿より俳句始むと春の文  弘道

心弾む春らしい一句。「文」まで言ってしまうと説明。「傘寿より俳句始むと友の春」。

【入選】
勝名乗り受けし関取日脚伸ぶ  周作

なかなか勝てなかったのかもしれない。「日脚伸ぶ」に、応援している人々の温かな眼差しが感じられる。

はうれん草茹でる束の間長きかな  涼子

青菜は湯で加減が命。特にほうれん草は一瞬で茹ですぎてしまう。「束の間長き」が言い得て妙。

子の摘みし花の顔花菜雛  隆子

ことばが多く、ごちゃごちゃしてしまった。「子の摘みし花の一輪花菜雛」。

翁一人戦時生ききし春耕す  弘道

こちらも説明しすぎ。「戦の世生きて一人の春耕す」。

ため息をつけば浮き来る春の鯉  今日子

ほんとうかなと思うが、なにやら春の感じがある。春愁か。

玉子とぢ三葉白魚そして独活  涼子

料理の材料を並べただけだが材料選びがうまくいった。春の嬉しさがあふれている。

風邪の身に彼岸の水のつめたさよ  稲

「彼岸の水のつめたさ」に季節の体感がよく表現されている。

生一本いかなご添へて届きけり  弘道

「いかなご」が動くが、春の到来を告げる肴は生一本のあてには上々。

春の川声あげ子らの追ふて行く  弘道

きらきら輝く川の水を追いかける子供たち。「春の川声あげて子ら追ふて行く」。

催花雨や生きて目覚めし朝かな  稲

暖かな雨に目覚めた春の朝。上五が重いか。「春の雨生きて目覚めし朝かな」。

四月の兼題はカフェきごさいのサイトより四月の季語「春のバラ科の花々」料理「葉山葵のお浸し」花「スイートピー」です。

紙雛お菓子の箱に納めけり  光枝

a la carte 枝垂桜

三月下旬に愛知県犬山市の圓明寺(えんみょうじ)の境内で、樹齢300年の枝垂桜をみました。今年の開花は例年より少し遅いようです。その時はまだ五分咲きほどでしたが、淡いピンクの可憐な花が天から降りそそいでくるようでした。

古木の太い幹には草が生えています。その枝垂桜を撮影している男性がいました。私も写真を撮ったのですが、「こちらから撮るといいですよ。」と声をかけてくださいました。聞くと毎年この枝垂桜を撮りに通っておられるとのこと。今年も満開になるまで毎日通われるそうです。

「今年も元気でこの枝垂桜の開花を見ることができたというのが、私の生きている証なんです。」と言われたのが心に残りました。人それぞれ、心を通わす桜の木があるように思います。根を下ろした場所で300回も花を咲かせてきた枝垂桜が、来年も可憐な花を咲かせていること、そしてまたあの男性が元気に枝垂桜に会いに来られることを祈ります。(洋子)

再会を約す一本桜かな     洋子

カフェきごさいネット投句(三月) 飛岡光枝選

【特選】

卒業す石蹴りながら帰り道  周作

毎日石を蹴りつつ帰った通い路とも今日でお別れ、などと説明するととたんにつまらなくなる。「石蹴りながら帰り道」に「卒業」がありありと現実のものとなったのだ。

うぶすなの土から土へ菊根分  隆子

「うぶすなの土」は菊ならでは。今年も大切に育てる菊。

【入選】

チェホフを閉じてせまれる余寒かな  弘道

「余寒あり」としっかりと止めたい。この形の句は多いが「せまれる」に実感がある。

病癒ゆ友の家訪ふミモザ咲く  弘道

動詞が多く、ぶつぶつ切れてしまった。「病癒えし友の家訪ふ花ミモザ」。
  
根分けして菊すこやかや實の忌  隆子

飴山實氏に「低吟のとき途絶ゆるや菊根分」「身のうちの邪気をふまへて菊根分」の句がある。

妹は姉より強し雛の家  涼子

「雛の家」では句が意味不明になってしまう。「妹は姉より強し雛飾る」。

忘れな草マドンナの来るクラス会  涼子

「マドンナの来るクラス会」は面白いが「クラス会」と「忘れな草」では付きすぎ。「スイートピーマドンナの来るクラス会」などなど、一番合う季語を探すこと。

【今月の投句より】

「どつしりと湯呑茶碗や浮寝鳥」
・「どっしり」と、浮寝鳥の「ふらふら」の対照を面白いと作られた句だと思うが、内容が無ければ俳句にはならない。

「菜の花の花ほろにがし辛子和え」
・料理の説明になってしまった。「菜の花の花ほろにがし」を生かし「下五」で世界を開く。原句は始めの始め、ここから作っていく。

「白山はいまだしろたへ飴山忌」
・「いまだ」はこの句では「いまも」「けふも」がいい。辞書には「いまだ」の意味として「今もなお」「前のままで」とも載っているが、否定形でつかう「いまだ~ない」のニュアンスが感じられるからかもしれない。「しろたへ」は「白山」の形容としては合わない。

今月の季語(四月) 春のバラ科の花々

薔薇といえば初夏の代表的な花の一つですが、あの薔薇はバラ科バラ属の植物です。美しく芳しいバラ属に先行して、「属」違いのバラ科が、意外なほどあれもこれも春たけなわのころに花盛りを迎えます。コート無しで浮かれ出る今日このごろ、バラ科に注目してみませんか。

既に花期を過ぎた〈梅〉もバラ科でしたが、今ならばやはり〈桜〉でしょう。今年の開花宣言は三月二十一日でした。〈桜〉がらみは改めて言うまでもなく、〈花を待つ〉ことから始まって、三分、五分、万朶と咲き加減を追う季語、〈朝桜〉〈夕桜〉〈夜桜〉と一日の時間帯で味わう季語、〈楊貴妃桜〉〈御衣黄〉など種類を示す季語等々、非常に豊かです。

人はみななにかにはげみ初桜        深見けん二

咲き満ちてこぼるゝ花もなかりけり  高浜虚子

夜桜やうらわかき月本郷に      石田波郷

まさをなる空よりしだれざくらかな  富安風生

山又山山桜又山桜          阿波野青畝

花の形が桜とそっくりですが、花柄が長くさくらんぼのように垂れているのが〈花海棠〉です。

海棠に乙女の朝の素顔立つ       赤尾兜子

六月頃実るさくらんぼも今が花盛りです。種類によって花の色も形が異なりますが、桜より花が密生している印象です。

桜桃の花みちのべに出羽の国      角川源義

〈山桜桃(ゆすらうめ)〉は文字通り栽培種ではないさくらんぼのイメージです。我が家にもありますが、例年桜の開花宣言よりかなり早く咲き出します。が、今年はまさに二十一日に初花を観測(?)しました。

一人居の時の長さよゆすらうめ    細身綾子

〈こでまり〉〈雪柳〉はバラ科シモツケ属です。シモツケ(繍線菊)と言われてみると確かにそういう花の付き方をしています。バラ科と思って眺めたことはありませんでしたが、近づいて一花一花を見つめてみると五弁の花は極小の苺の花のような風情です。ちなみに〈苺の花〉もバラ科です。

小でまりの愁ふる雨となりにけり   安住 敦

八方に触手さゆらぐ雪柳       横山房子

花の芯すでに苺のかたちなす     飴山 實

〈山吹〉はバラ科ヤマブキ属。緑の葉が同時に多く出ますが、鮮やかな黄の花は遠くからも目立ちます。

あるじよりかな女が見たし濃山吹   原 石鼎

〈梨の花〉は鳥取の県花ですが、我が家の近隣一帯(多摩地方)でもポピュラーな花です。桜より一回り大きい白い花をつけます。

梨咲くと葛飾の野はとのぐもり    水原秋桜子

〈林檎の花〉〈榠樝(かりん)の花〉〈杏の花〉〈李の花〉〈木瓜(ぼけ)の花〉〈草木瓜の花〉まだまだあります。ブラックベリーやラズベリーもバラ科です。そう思って眺めると、どれもよく似ているように見えて来て面白いものです。

そして本家のバラ属の薔薇はというと、今はまだ芽です。

薔薇の芽や校正のペンポケットに    原田青児

初夏にむけてみるみるほぐれていきますから、お楽しみに。(正子)

 

今月の花(四月)スイートピー

春先、花屋さんに市場から到着したばかりのスイートピーがありました。濃淡のピンクやうす紫、紫。色ごとにふわりと束ねられ、甘い香りをまとっていました。黄色やオレンジ色の花は人工的に色を吸い上げて作られています。

そんななかにちょっと変わったスイートピーを見つけました。茎には翼のようなフリルが付いていてそこからまっすぐな茎が飛び出しています。たくさん付いた花は厚めで小ぶりの花びらを持ち、葉や髭も出ています。一年草のスイートピーに対し、それは宿根スイートピーでした。

その時、ある光景を思い出しました。私が初めて行ったヨーロッパはデンマークのボーデインボーという町でした。その町の学校の先生のお宅に夏の二週間をホームステイしたのです。その家の裏庭に植えられていたのがスイートピーでした。針金の土台に絡みながら伸びていくマメ科の植物の先端は私の背をはるかに越え、花弁に水をつけるととシミができてしまうほど薄いピンクの繊細な花は手の届かないほど高いところに咲いていました。そうそう、あの花はこんなだったと宿根スイートピ―を手に取りました。近頃では花嫁のブーケにも人気なのだそうです。

しかし、スイートピーはイタリアのシチリア島の原産といわれます。夏とはいえ北の国デンマークで出会った花は、本当にスイートピーだったのだろうか、という疑問がわきました。同じ北欧のスエーデン人の生徒に聞いたところ「種から蒔いて育てるわ。庭でみかける花よ」という答えでした。枯れても根が冬を越す宿根スイートピーなのでしょう。

デンマークといえば、英国国王エドワード七世(1841-1910)の妃はデンマーク出身のアレクサンドラ王妃(1844-1925)でした。彼女はこよなくスイートピーを愛し、ことあるごとに装飾に使ったそうです。彼女がスイートピーをよく飾ったのでこの花が英国で認識された、とさえ言われています。その美貌を見込まれて英国に嫁ぎ三男三女をもうけた彼女の人生は、夫との問題もあり決していつも幸せとは言えない一生でした。愛らしいこの花は、彼女がデンマークにいた時になじみのなつかしい花だったのでしょう。

初めてのヨーロッパでひとりデンマークの家庭で過ごした四十数年前の私の記憶は、この花しかありません。王妃が嫁いだ年と同じくらいの年齢だった当時の私も、知らない人々の中でどこか心細かったのではないかと可憐なスイートピーを見て今、自分を振り返っています。(光加)

今月の料理(四月) 葉山葵のお浸し

雪国に住む人達にとって春は格別にうれしいもの。新潟出身の人が東京に冬はないと言った事がしみじみ思いだされます。青空に浮かぶ雪嶺も、一日中光をこぼす雪解の雫もそののどかな音も、長い暗い冬があってこその事ではないでしょうか。春は空のカーテンをさっと開けたようなそんな気分です。そしてこの頃になるとそろそろ気になるのが山菜です。

去年の事ですが、友人から葉山葵のお浸しをいただきました。そのさわやかな香りと辛味がなんとも新鮮で、早速作りたかったのですがその時は山葵はもう終りで作る事が出来ず来年のお楽しみにしていました。

そんな訳で今年、早速近くの山へ採りに行きました。出たての葉山葵はまだ小さく採るのもなかなか大変ですが、やはりこの春一番初めに採れたものには格別の喜びがあります。作り方も山葵漬を作るよりずっと簡単で、つけ汁を濃いめにすると日もちします。

【作り方】

葉山葵を洗いざくざくと食べやすい大きさに切ります。

多めの塩で良く揉んで灰汁をだし絞ります。

笊にとってたっぷりの熱湯をかけ絞り熱いまま密閉の容器に入れます。

密閉容器のまましゃかしゃかと振り冷蔵庫で一晩置きます。あとはお好みの出汁醤油でいただきます。

一株はコップに挿して花山葵        善子

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」二月

「カフェきごさい」句会、二月の兼題はサイトより二月の季語「節分」料理「酒粕(粕汁など)」花「土筆」です。

【特選】

平げて骨透きとほる鰤の鎌  今日子

「平げて」と豪壮に始まる一句は鰤一尾を食べつくしたかのようで愉快。「骨透きとほる」には寒鰤の「寒」が感じられる。「平らげて骨透きとほる寒の鰤」もある。

【入選】

対岸は高層ビル群つくづくし  涼子

東京郊外の土手の様子がよく描かれている。突っ立つビルと土筆。

生きてこそ身に沁む春の光かな  守彦

「生きてこそ」に実感があり、「春の光」の明るさ、暖かさがよく伝わる。ちなみに「身に沁む」は季語としては秋。

戸をたたき大股でゆく春一番  稲

「大股でゆく」が春一番らしい。

春昼や競馬新聞読む男  弘道

のどかな春の昼にも人間の欲望は健在。「春昼」に潜む、明るいだけではないものが感じられる一句。

どんぶりに満たす粕汁雪を掻く  涼子

「満たす粕汁」が少々散漫。「どんぶりの粕汁食うて雪を掻く」。

醒めていてみている夢や冬ふとん  周作

「布団」は付きすぎ。あえて「冬ふとん」という必要もない。「醒めていてみている夢やチューリップ」など、「季語」一考を。

黄水仙もう一まはりジョギング  光加

黄水仙の明るい色に励まされて。「一まはり」→「一回り」。

受付の呼鈴金物や厚氷  周作

呼鈴が厚くはった氷に響くよう。「金物」に「カネ」とルビが付いているが、無理がある。「受付の呼鈴ひびく厚氷」。

鳥の絵の小鉢に盛らん花菜漬  隆子

「花菜漬」が鮮やか。

三月の「カフェきごさい」の兼題はサイトより三月の季語「二つの雛祭」料理「辛し和え」花「勿忘草」です。

土筆ん坊寅さんを待つ風の中  光枝