朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」12月

今年最後の「カフェきごさい」句会。兼題はサイトより12月の「季語」冬の衣、「料理」牡蠣蕎麦、「花」カトレアです。

【特選】

星もまた歳をとるとや木の葉髪  きみ子

冬に抜け落ちる髪を、散っていく木の葉に託した季語「木の葉髪」。身の内側に籠る句がよく詠まれる季語だか掲句は壮大な宇宙に思いを拡げた新鮮な一句。

【入選】

富士の山全くみゆる冬野かな  守彦

「冬野」から富士が全く見えるでは新鮮味が薄い。季語を一考。

もう耳の聞えぬ犬に敷く毛布  きみ子

毛布と心の温かさ。「毛布敷く」。

ふやけたる柚子一個居りバスルーム  光加

柚子湯の翌朝。ほんのり残る柚子の香り。「一個あり」。

碁仇と病気自慢や年忘れ  弘道

「碁仇」の字面が重い割には句のなかでは生きていない。軽く「句仇」くらい?

冬芽みることに始まる一日かな  隆子

一日一日を大切に過ごしている様子が伝わる。

白富士をわが家より拝す大旦  稲

「わが家より白富士拝す大旦」。

まづ牡蠣を頬張りにけり晦日蕎麦  涼子

牡蠣入りの晦日蕎麦とは豪勢な。「まづ」に勢いがある。

黄落やひと風吹きて子の消ゆる  守彦

「黄落」の眩しさ、豊かさ。

カトレアを胸に米寿の父酔ひぬ  きみ子

「酔ひぬ」で一句になった。

歯に沁みる熟柿(うみがき)うまし炬燵かな  守彦

熟柿の美味しい食べ方。

松葉蟹真赤になつて睨みおり  弘道

蟹の目はあまりに小さいので睨んでいるとも思えないが、赤い甲羅全体で睨んでいるような気がする。

五年目の貫禄を着る革ジャンパー  涼子

「革ジャンパー」をしっかり捉えた一句。「コート」では様子が違う。

餅搗やふり入る雪も搗きこんで  隆子

よく詠まれる情景だが過不足なく表現できた。「ふり入る雪を」。

1月の朝日カルチャーセンター「カフェきごさい講座」の兼題は、サイトより1月の季語「餅」、料理「ポークの紅茶風味(「おせち料理」一切)、花「餅花」です。

新宿の朝日カルチャーセンターの句会、またサイトのネット投句に今年も意欲溢れる句が寄せられました。来年度もより充実した講座、サイトにしてまいりますので、ご期待ください。

サイトには折にふれ、店長の日本(海外も?!)各地での吟行リポートも掲載していきたいと思います。
みなさま、どうぞよいお年を!

この国の明日を温めん冬至風呂  光枝

à la carte_煤払

今年もあと十日程となりました。博多の総鎮守、櫛田神社で、二十一日朝から「煤払」が行われました。まず神殿で祝詞があげられ煤払をする神官と巫女、笹竹が祓われご神体がほこりをかぶらないように御簾がおろされます。白いたすきをかけた神官と巫女が5メートルほどの笹竹で一年間にたまった神殿の中の天井や梁の煤を払いました。その後、神殿を出て楼門や神門の煤も払われました。普段は掃除が行き届かない場所までほこりが払われて清々しくお正月を迎える準備が整いました。(真知子)

煤掃の煤をかぶるもよかりけり  真知子

カフェネット投句(12月)飛岡光枝選


【特選】

毛糸玉ころがる先に毛糸玉  周作

解き直した毛糸をいくつかの玉にしているのか、幾色かの毛糸で編んでいるのか。仔猫たちがじゃれ合うような毛糸玉の様子に幸福感が漂う。

いつの日か君は羽化してカトレアに  隆子

仙人ならずカトレアになって匂い立つ人。若者(女性?)への贐のことばにふさわしい一句。

四角なる餅もまあるく膨らんで  涼子

本当に丸くなるわけではない。楽し気に餅を焼く人の心持がいい。

【入選】

切るならば切れと鮟鱇睨みけり  弘道

鮟鱇は陸にあがるとだらしなくなってしまい、句のような精悍な様子の鮟鱇にはあまりお目にかからない。

年の瀬や都大路を足早に  弘道

特に新しい内容ではないが「都大路」という古風なことばが効いている。

難民の空へ飛びゆく毛布あり  隆子

一枚の毛布に命をつなぐ人々。

カトレアを胸に新婦に並び立つ  涼子

このままでは状況説明。「カトレアを胸に新婦の母となり」。

【投句より】

襟巻は狐や鼻のこそばゆく  

「襟巻の狐の鼻のこそばゆく」。同様の切れ字の使い方がこの作者の句には時々見受けられる。一考を。

呟きてひと色選ぶ毛糸玉

この「呟きて」はわからない。もっと具体的に。

今月の花(一月)餅花

正月花の稽古の時に松、千両、柳や好みの花と共に餅花をいけるのが私のクラスの正月花の特徴です。

餅花は餅を使った飾りで花餅ともいい、本来は一月十五日の小正月の飾りですが、今では正月から飾られます。まだ緑色を残している枝に食紅で色をつけた直径1㎝くらいのピンクの餅と白の餅が、7~10センチの間隔をおいて交互につけられています。東京の花屋さんではあまり見かけず、師走に入る前に関西に注文をだします。

箱の中から餅花のついた柳の枝を取り出し、縛っている紐を注意深く切って枝を立てると、空間にパッと紅白の餅がちりばめられます。はじける拍子に餅同士の触れ合うコンというかすかな音。餅を付けるのは手作業なので各々の大きさにわずかな差があります。丁寧に扱わないと餅が割れて落ちてしまうこともあります。

花餅をつける枝は地域などによって異なり、柳のほかに水木や榎、ぬるでなどがあります。餅の大きさもまちまちで、まっすぐに伸びたしっかりした枝につけられているものは力強く見えます。しかし私は枝垂れ柳の長い枝につけられ、どこか優しげに垂れかかる姿が好みです。

養蚕の盛んだった地域では米粉で繭の形に作られる繭玉がありますが、これも餅花と同様正月の飾り木の一種です。餅花にしても繭玉にしても家に飾るのは、一年の五穀豊穣を祈り金運に恵まれたいという願いを形にしたものでしょう。

昔は場所によっては小正月が過ぎると枝から餅をとって様々な方法で食べたということです。貴重な食糧になるものを使うので、飾りとはいえ粗末にしないという細やかな気遣いが思われます。(光加)

今月の料理【一月】ポークの紅茶風味

年末年始の慌ただしい時期ちょと手の空いた時に作り置きが出来るお惣菜があるととても助かります。また、この頃は人の集まる機会も多く主婦は何かと心せわしいもの。そう毎日お鍋にする訳にもいかずあれこれ頭を悩まします。そんな時のお助けになる一品です。はじめていただいた時はローストポークかと思いましたが、お肉からほんのりと紅茶の香りがしてとてもさっぱりとしていました。
作り置きができるので、切り分けて大皿に盛れば人が集まった時にも利用できますし、オープンサンドなどにしてもいただけます。また、ローストポークよりずったあっさりしてお肉の臭みもありませんので、お年を召した方も違和感なくいただけるとおもいます。

ローストポークですと、オーブンが必要ですがこちらはお鍋一つで作れるため、温度調節などもいりません。豚肉の部位はお好みで結構ですが、紅茶が脂肪を分解してくれるので肩ロースなどの脂の多いところでも思った以上にさっぱりといただけます。付け合わせはオニオンスライスなど何でもあいますが、お肉がさっぱりとしているのでニンジンやサツマイモのグラッセなどバターを利かせたものでもバランスが良くいただけます。

【作り方】
豚肉は塊のままタコ糸で縛っておきます。鍋にお肉が入るくらいのお湯をわかして紅茶を濃いめにだします。紅茶はティーバックでもけっこうです。
煮だした紅茶にお肉をいれ火にかけます。中まで火が通ったら完成です。
肉の熱いうちに塩とコショウをすり込むようにしてラップできっちと包みそのまま冷めるのを待ちます。
別の鍋に林檎を煮てピュレ状にします。これに濃縮されたバルサミコ酢を合わせソースを作ります。バルサミコ酢はメーカーによっては甘みの強いものもありますので味を確かめながら、料理してください。

和風に仕上げるなら、醤油2 酒1 酢1 みりん1の割合で煮たてつけ汁をつくります。
引き上げたお肉をいれて一日くらい漬け込んで出来上がりです。こちらは酢が入っているので日もちします。

今月の季語(一月) 餅

東西南北さまざまな地域の正月の光景は、雑煮だけを取りあげてみても千差万別です。私自身十代の終わりに上京して初めて、餅は四角とは限らない、に始まり、だしや味付け、具の種類の違い等々、地域どころか家の数だけ雑煮の種類があると知った次第です。

料理は岩井善子さんに教えを乞うことにして、このコーナーでは季語としての餅とその周辺を見ていきましょう。

〈餅〉の用意は年内にします。ゆえに〈餅搗〉〈餅筵〉〈餅配〉等準備に関わるものは年の暮(仲冬)の季語です。

戦争と平和と暮の餅すこし         原子公平

杵にまづ湯気のからまり餅を搗く 戸恒東人

餅筵書斎狭むること許す           安住 敦

マンションの三十軒に配り餅       小路紫峡

年が明けて〈雑煮〉に仕立てると新年の季語になります。〈雑煮餅〉〈雑煮椀〉も同様です。

丸餅のどかつと坐る雑煮かな      草間時彦〈新年〉

めでたさも一茶位や雑煮餅        正岡子規〈新年〉

父の座に父居るごとく雑煮椀       角川春樹〈新年〉

餅が丸か四角かのほかに、焼く焼かない問題もあります。私の実家は焼かない派でしたので、父の長兄の家で焼くのを見て驚いた記憶があります。もしかすると最初の異文化体験であったかもしれません。母が焼かない家系だったのか、伯母が焼く家出身だったのか。実家と婚家のならわしが異なった場合の対応の仕方によって、同じ地域どころか兄弟姉妹でも異なる雑煮で新年を祝うことになるのです。

〈鏡餅〉は大きさや飾り方に違いはありますが、全国共通で丸いと見てよいでしょう。

生家すなはち終の栖家や鏡餅      下村ひろし

家々に鏡餅のみ鎮座せり          桂 信子

私の実家では玄関に大きな鏡餅を、米櫃(「おくどさん」が無いからと母は言っていました)、父の文机、母の裁縫台、私たちの勉強机に小さな鏡餅を、あたりを拭き清めて据えていました。今の雑然たるさまにはまさに忸怩たる思い……なのは無論のこと、次の世代である娘たちに文化が継承できなかったことが悔やまれます。

餅は今では個包装の真空パックで黴びる心配がほとんどありませんが、昔は三が日を過ぎるあたりから、ぽつぽつと黴が出始めたものでした。削り取って少し黴くさい餅を食べたりもしていましたが、〈水餅〉を作ることもありました。

水餅の水深くなるばかりかな      阿波野青畝

寒中に餅を搗いたり、戸外に吊して凍らせたり、という経験は私にはありませんが、これも真空パックが無かったころの生活の知恵です。

寒餅のとゞきて雪となりにけり    久保田万太郎

その里の古へぶりや氷餅          井月

こうして見てくると餅まわりだけでも相当数の季語に実感が伴わなくなっています。せめて残そうと思っているのが〈鏡開〉。わが家は夫の側にその習慣が無かったので、私の記憶のままに十一日に鏡餅を下げ、汁粉に入れて食べていますが、これも家毎に異なるでしょう。

罅に刃を合せて鏡餅ひらく        橋本美代子

そういえば昔の鏡餅は重なっていた部分がおそろしく黴びていました。今では鏡餅型のケースに入ったものを使う手もあり、便利ですが、やはり味気なさはぬぐいきれません。

皆さんの身のまわりの餅事情はいかがですか? (髙田正子)

朝日カルチャーセンター「カフェきごさい句会」11月

11月の兼題は、サイト「カフェきごさい」より、季語「冬の衣」料理「白和え(柿)」花(植物)「南瓜」です。

【特選】

オーバーは母の形見や穴ひとつ  涼子

穴を見るたびに蘇る面影。「形見や」の切れ一考。「オーバーや母の残せし穴ひとつ」など。

先づは燗店のざわめき聞きながら  守彦

馴染みの店だろう。「先ずは燗」がいい。

大雪となりし初雪首都ちぢむ  涼子

下五が残念。上五中七を活かす取り合わせに。

【入選】

散紅葉茅葺き屋根の蒸気せり  今日子

紅葉が散る頃の冷たい空気感が出ている。「散紅葉茅葺き屋根は蒸気あげ」。

失敗の多き我なり頬被  涼子

あまり反省はしていないようで愉快。

銭湯の角に小屋掛け飾売  守彦

町の様子が過不足なくしっかり描けている。

日溜りのひとつとなりぬ綿子着て  隆子

なりぬとまで言って成功、日溜りにいるようだではつまらない。

初雪やこんここんこと天歌ひ  光加

初雪の心楽しさ。

安心の南瓜やけふも大皿に  隆子

「けふも」に、身近な南瓜だからこその切なる祈りを感じる。

さて何処へ目深にかぶる冬帽子  守彦

気取りすぎ?だが、夏帽子ではこうはいかない。

白和へへ紅玉りんごを皮のまま  涼子

「白和への紅玉りんご皮のまま」。

夕間暮れ点描となり鴨の陣  今日子

鴨一羽一羽を点と捉えるのは当たり前だが、鴨の陣が点描画法で描かれたようだというのは面白い。

石ころのひとつひとつに秋夕日  周作

「ひとつひとつに」に秋の感じがある。「夕日」では焦点が合わない。「秋夕焼け」「秋日差す」。

風邪除けと冬至南瓜を大盛りに  涼子

「風邪をひかないから食べなさい」お母さんの声が聞こえてきそう。

情景がしっかり描けている句が増えた反面、切れ字が安易に使われている句が散見。一字一字に注意を払いたい。

熊撃ちは熊の毛皮を敷き眠る  光枝

カフェネット投句(11月) 飛岡光枝選

kareha
【入選】

柿加へ白和え少しよそゆきに  涼子

「加へ」がかたい。「白和え」→「白和へ」。「柿たして白和へ少しよそゆきに」。

開拓の夢の小豆ぞ引きつがむ  隆子

「小豆引く」と「引き継ぐ」を足したようなことばに無理がある。「開拓の夢の小豆を引きにけり」。

きちきちを両手広げて追いにけり  周作

「両手ひろげて」に少年の(ような)わくわくする心が表現された。「追いにけり」→「追ひにけり」。

前々と這いずり回る南瓜かな  周作

「這う」に南瓜が地面の上で実る様子が感じられる。が、「前々」は意味不明、「這いずり回る」は大げさ。「這い」→「這ひ」。

綿入れも死語となりしや冬来る  弘道

「綿入れも死語となりしか冬来る」。

音もなくただひたすらに木の葉降る  弘道

「ひたすら」がいい。ただ、木の葉でこのような句はたくさんある。この句に「音もなく」はなくてもいいので、より自身に引き寄せた表現をする工夫を。

窓を打つ木枯らしの音眼鏡拭く  弘道

「音」はいらない。

【投句より】

くり抜かれお化け提灯大かぼちや
・そのままを説明しただけになってしまった。

夕日より茎の赤しよ蕎麦を干す 
・「夕日より茎の赤しよ」が冗長で赤が見えてこない。

ぽつぽつと綿咲く道に乳母車
・この「に」の使い方注意。とたんに説明になる。

今月の季語(十二月) 冬の衣(2)

kakumaki01
先月のクイズの答えは「綿(わた)」でした。毛は違うのか、革は候補にならないのか、などなど楽しい意見交換ができました。今月はそれらをまとめて続編としてお届けします。

「綿(わた)」はこのままで冬の季語として使えます。「毛」と「革」は語を足して冬の季語になります。どんな語を足せばよいでしょう。

毛をウールととらえれば、それを紡いで糸にした〈毛糸〉、着用できる形に作り上げる行為である〈毛糸編む〉、その結果できあがった〈セーター〉〈マフラー〉〈冬帽子〉〈手袋〉など、実に多くの冬の季語につながります。

毛糸屋にわが好む色ひとも買ひぬ    及川 貞

ひとときは掌の中にある毛糸玉      黛まどか

寄せ集めだんだら縞の毛糸編む     野見山ひふみ

女性ばかりでなく男性も毛糸を詠んでいます。例えば、

毛糸玉幸さながらに巻きふとり      能村登四郎

毛糸編はじまり妻の黙はじまる      加藤楸邨

プレゼント大きく軽し毛糸ならむ       松本たかし

ここに挙げた男性俳人はどうやら「編み物王子」ではなさそうです。男性自らが編む主体となって詠むと、どんな句ができるのでしょうか。今後に期待したいところです。

セーターの鎖の模様胸を逸れ        宇多喜代子

逢ひに行く緋のマフラーを背に刎ねて  辻田克巳

冬帽のやはらかなるを鷲摑み        鷹羽狩行

ふかふかの手袋が持つ通信簿      井上康明

〈黒手套嵌めたるあとを一握り  岡本 眸〉の黒手套はおそらく布製でしょう。衣類や小物類は毛糸で編み上げたものとは限りませんが、近い雰囲気を持つ句を選んでみました。素材感まで詠み込めることを味わってみましょう。

「革」も同様に〈革手袋〉〈革ジャンパー〉〈革コート〉〈革足袋〉など、防寒のための素材として使われると冬の季語になります。また毛がついたまま鞣した〈毛皮〉も冬の季語です。

洞窟に似し一流の毛皮店          大牧 広

人形の手に正札や銀狐            星野立子

〈毛布〉も羊毛などで織った防寒用の寝具や膝掛けを指す冬の季語です。毛より〈布団・蒲団〉の仲間として認識していそうですが。

毛布にてわが子二頭を捕鯨せり      辻田克巳

ダリ展の隅の監視の膝毛布          冨田正吉

余談ですが、人の毛髪にも冬の季語があります。髪は四季を問わず生え変わりますが、この時期の抜け毛を木の葉が散るのになぞらえて〈木の葉髪〉と呼ぶのです。

音たてて落つ白銀の木の葉髪       山口誓子

指に纏きいづれも黒き木の葉髪     橋本多佳子

先月のクイズはまだまだ発展形が考えられます。他の季節の歳時記もひっくり返して、探してみてください。(正子)

今月の花(十二月) カトレア

ran師走に入ったころ、テレビの画面の歌謡祭で受賞者たちの胸につけられていたのは大輪の紫ピンクのカトレアでした。直径が15センチもあろうかというその花は、受賞者が挨拶をしたり歌うとき、あたかもつけている人の喜びと緊張を伝えるかのごとく震えるように揺れていました。あれは20年くらいも前だったでしょうか。それ以来私には、カトレアは晴れの日の花というイメージがあります。

カトレアは蘭科に分類され、属名をカトレアといいます。19世紀の英国人ウイリアム カトレ―という蘭の愛好家にちなんでその名がつけられた蘭の一種です。花は中央に上(背)萼片と二枚の側萼片があり、それに二枚の花弁とからなっています。口唇または唇弁(リップ)と呼ばれる突き出した部分があり、その縁はフリル状になっています。カトレアのなかでも代表的な、カトレア ラビアータの「ラビアータ」は口唇のあるという意味、また英名のautumn cattleyaは、秋のカトレアという意味です。花の咲き具合は日照時間に関係があり、元々は日の短くなった秋に咲いていたのでしょうか。今はそれぞれの季節に咲く品種があります。

交配種は様々で、黒とブルーを除き花弁や口唇の色は思いのまま、花のサイズも小さいものから大きなものまであり、数輪の花をつけるものもあります。

短い茎のついた花を高くいけようというときは、その茎を長さ数㎝の水のはいったプラスチック製の筒に差し込み、その下部についている棒の長さを切って調節しなければなりません。高さのある花器の口元にそのままカトレアの短い茎をいれて水を飲ます、ということもできますがいけるときの花の位置はほとんど定まってしまいます。思った通りにいけたいとなると、なかなか厄介な花なのです。

薄ピンクや黄色の小ぶりで優しげなカトレアは、数輪家の中に飾ると気分も華やぎます。ところが大輪の豪華なカトレアが一輪いけてある空間は落ち着きません。蘭の中の女王という孤高のカトレアにじっと見つめられていると一対一で勝負を挑まれているような気がしてきます。

原産地は中南米で、その太く丈夫な根で他の植物の幹や枝、石などにまで着生して肉厚の葉を持つカトレアですから、そんじょそこらの花とはたくましさが違うのです。貫禄の差でしょうか。(光加)